ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

長浜町庁舎

名称長浜町庁舎(ながはまちょう ちょうしゃ)
指定種別国登録
種別有形文化財
指定年月日平成12年9月26日
数量1棟
所在地大洲市長浜甲480-3
所有者大洲市

概要

 長浜の市街地に立地する長浜町庁舎(現・大洲市役所長浜支所)は、建築面積328㎡、木造総2階建、桟瓦葺の入母屋造(いりもや づくり)の建物で、昭和11(1936)年に竣工しました。
 正面の中央玄関上部に設けられた切妻破風(きりづま はふ)には、2本の円柱を半円形のモチーフで飾るなど、昭和初期の洋風庁舎建築の特色が強く表れています。

 この庁舎が建てられたころ、長浜は養蚕業や水運業などで大きく発展していました。
 時の町長であった西村兵太郎(にしむら ひょうたろう、1884~1935年)は、庁舎建築構想のほか、長浜大橋開通(1935年)など、長浜の発展のために尽力しました。
 庁舎完成を待たずして、西村は急逝してしまいますが、西村の残した業績は、現在でも多くの人たちに語り継がれています。

写真 

長浜町庁舎 外観 長浜町庁舎 外観

位置図