ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > わがまちの文化財 > 末永家住宅旧主屋

末永家住宅旧主屋

名称末永家住宅旧主屋(すえながけじゅうたくきゅうしゅおく)
指定種別国登録
種別有形文化財
指定平成15年1月31日
数量1棟
所在地大洲市長浜甲309
所有者大洲市

概要

 末永家住宅旧主屋は、末永家の建物の中でも最も古く、明治17年に建築されたもので、1階は末永商店の店鋪兼住居として造られている。2階は建築当初は物置として活用されたが、後で天井を張り居住できる部屋へと変更されている。

 外観に見られる格子付窓・黒漆喰の壁やなまこ壁などは、同時期に建築された内子町の本芳我家住宅(国重要文化財)によく似た印象を与える建物である。

写真

末永家住宅主屋 外観  末永家住宅主屋 外観

位置図