ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 水道課 > 水道の修理区分について

水道の修理区分について

水道の修理区分は、以下のとおりです。

本管から水道メーターボックスの中までで漏水が起きた場合は、市が修理

します。

ただし、ボックス内の止水栓故障(水が止まらない等)の修理については、

個人負担となります。

 

それ以降の給水装置の漏水や故障は、皆さんに修理して頂くことになります。

修繕をしないで漏水を放置すれば水道料金が増えるだけでなく、建物に悪影

響を与えたり、場合によっては、市が損害の賠償を請求したり給水停止の措

置をとることがあります。

 水道の新設や修理などの工事は、法律の規定により、大洲市長が指定した

以下の給水装置工事事業者が行わなければなりません。

 指定給水装置工事事業者一覧表はこちらからご確認ください。

 

水道課に戻る