ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農業者年金

 農業者の老後生活の安定及び福祉の向上と農業者の確保を目的とした、公的年金制度です。

農業者年金の特徴

農業に従事する方なら広く加入できます。

 年間60日以上農業に従事している60歳未満の者で、国民年金第1号被保険者の方(国民年金の保険料納付免除者を除く)であれば誰でも加入できます。

少子高齢時代に強い積立方式・確定拠出型年金です。

 自ら積み立てた保険料とその運用益により年金額が決まる「積立方式・確定拠出型」で、少子高齢時代でも安定した財政方式の年金です。

保険料はいつでも変更ができます。

 保険料は月額2万円から6万7千円の間で、千円単位で自由に決められ、いつでも見直しができます。

終身年金です。

 年金は終身受給でき、加入者や受給者が80歳前に亡くなった場合は、死亡した翌月から80歳到達月までに受け取れるはずだった老齢年金の現在価値相当額が、死亡一時金としてご遺族に支給されます。

保険料の社会保険料控除で大きな節税効果があります。

 保険料は全額社会保険料控除の対象となり、支払われる年金にも公的年金等控除が適用されます。

一定の要件を満たす農業者には保険料の国庫補助があります。

 認定農業者で青色申告者等の一定要件を満たした39歳以下の農業者に対して、保険料の国庫補助の制度が設けられています。

 

 農業者年金の詳しい内容等については、農業委員会または最寄りのJAか、独立行政法人農業者年金基金(☎03-3502-3942)へお問い合わせください。