ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境生活課 > 大洲市第五期地球温暖化対策実行計画を策定しました

大洲市第五期地球温暖化対策実行計画を策定しました

「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づき、大洲市役所の事務や事業、所管する施設等で排出される温室効果ガスの排出状況や削減目標、削減に向けた取り組みなどを定めた「大洲市第五期地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」を2023年2月に策定しました。

第五期実行計画の概要

目的

 本実行計画は、本市の事務及び事業に伴い排出される温室効果ガスの削減目標を定め、庁舎などで削減に取り組み、目標達成を目指すものです。

計画期間

2023年度(令和5年度)から2027年度(令和9年度)までの5年間

削減対象となる温室効果ガス

  1. 二酸化炭素(CO2)
  2. メタン(CH4)
  3. 一酸化二窒素(N2O)
  4. ハイドロフルオロカーボン類(HFC)

温室効果ガス削減目標

2013年度(平成25年度)を基準とし、温室効果ガス排出量を2027年度(令和9年度)までに40.9%削減を目指す

 取組別削減目標内訳

  1. 「大洲市の取り組み」による温室効果ガス排出量16.5%削減
  2. 「電気業者の取り組み」による温室効果ガス排出量24.4%削減

2013年度(平成25年度)を基準とし、温室効果ガス排出量を2030年度(令和12年度)までに51.0%削減を目指す

 取組別削減目標内訳

  1. 「大洲市の取り組み」による温室効果ガス排出量20.3%削減
  2. 「電気業者の取り組み」による温室効果ガス排出量30.7%削減

第四期実行計画について

第四期実行計画の内容については、以下をご確認ください。

削減取組による温室効果ガス排出状況

第四期実行計画の計画期間である、2018年度(平成30年度)から2022年度(令和4年度)までの温室効果ガス排出状況については、以下をご確認ください。

※2022年度(令和4年度)の排出状況は2024年3月に公表を予定しています。