ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 環境商工部 > 環境生活課 > 廃食用油の回収

本文

廃食用油の回収

更新日:2014年12月4日更新 印刷ページ表示
家庭から出る廃食用油(天ぷら油など)は、今までごみとして出されていましたが、これを回収することにより、ごみの減量、河川への流失防止などに努めていきます。
みなさまのご協力をお願いいたします。

回収する油類

菜種油(キャノーラ)・大豆油・コーン油・ごま油・紅花油・オリーブ油・ひまわり油・サラダ油などの植物油で液体状のもの。(使用期限切れや未開封の油も回収します)

回収しない油類

ラードなどの動物性油脂・バターやマーガリンなどの固形状のもの・エンジンオイルなどの鉱物系の油。

回収方法

天かすなどの不純物を取り除いた廃食用油を、ペットボトル(500ミリリットル)にいれ、回収ボックスに容器ごといれてください。

回収ボックスの設置場所


  • 市役所玄関前(午前8時30分~午後9時)
  • 長浜支所地域振興課窓口(執務時間中)
  • 肱川支所地域振興課窓口(執務時間中)
  • 河辺支所地域振興課窓口(執務時間中)
  • 大洲市総合福祉センター玄関前 (執務時間中)
  • 最寄りの公民館(執務時間中)

  回収場所一覧 [PDFファイル/65KB]

回収された廃食用油は、軽油の代替燃料であるバイオディーゼルとして再利用されます。資源の有効活用を図り、資源循環型のまちづくりを目指しながら、地球温暖化対策の有効な手段となります。

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)