ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 市管理施設における感染確認(令和3年1月10日)

市管理施設における感染確認(令和3年1月10日)

大洲市管理施設における新型コロナウイルス感染の確認

 令和3年1月10日に愛媛県が発表した新型コロナウイルスの陽性者において、大洲市管理施設の職員が含まれていましたので公表いたします。

 今後は、濃厚接触者等について八幡浜保健所の調査に協力し、早期の囲い込みができるよう取り組んでまいります。

施設名

道の駅「清流の里ひじかわ」(大洲市肱川町宇和川3030番地)

感染者

指定管理者である「株式会社清流の里ひじかわ(代表取締役 二宮 隆久)」の職員1名

※勤務中は、マスクを着用し、手指消毒などの感染対策を行っている。

濃厚接触者

現段階の保健所の調査により濃厚接触者となる職員8名は、自宅待機と健康観察を行っており、本日(令和3年1月10日)、PCR検査が実施される予定です。

施設の対応

今後、施設の消毒作業を実施し、保健所の調査が完了するまでの当分の間、「物産販売所」「野菜販売所」「レストランおしどり」は臨時休館いたします。

その他

八幡浜保健所の調査に協力し、独自の情報収集も継続しながら、必要な感染拡大防止対策を講じてまいります。

感染者やその家族、関係者の個人情報及び人権尊重にご配慮をお願いします。

この件に関する問い合わせ先

大洲市役所肱川支所地域振興課

電話0893-34-2311

プレスリリース資料

令和3年1月10日発表 [PDFファイル/100KB]