ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ

納税の猶予について

 新型コロナウイルス感染症などの影響により、市税を納付することが困難な場合、法令の要件を満たす方は市に申請することで、原則として1年以内の期間に限り、納税が猶予(徴収の猶予または申請による換価の猶予)される場合があります。

 詳しくは、税務課収納係までご相談ください。

徴収の猶予

 災害、病気、事業の休廃止などの理由で市税を一時に納付することが困難な場合には、申請によって原則として1年以内の期間に限り、徴収の猶予(分割納付)が認められる場合があります。

申請による換価の猶予

 市税を一時に納付することにより、事業の継続または生活の維持を困難にする恐れがあるなど一定の要件に該当するときは、申請によって原則として1年以内の期間に限り、滞納処分による財産の換価の猶予(分割納付)が認められる場合があります。

その他

 新型コロナウイルス感染症関連により実際に損失を受けた金額が分かる書類や財産状況が分かるもの(預金通帳など)を持参して、ご本人などの生活状況を申告していただきます。