ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり > 都市計画 > 都市再生整備計画(肱南・肱北地区)及び事後評価の公表について

都市再生整備計画(肱南・肱北地区)及び事後評価の公表について

都市再生整備計画 事後評価シート 肱南・肱北地区の公表について

都市再生整備計画の事後評価は、計画に定めた目標や具体的な数字で表された指標の達成状況等、交付金がもたらした成果を客観的に検証して今後のまちづくりの在り方を検証するとともに、これらの成果を住民の皆さんに分かりやすく説明することを目的としています。
大洲市では、平成27年度に「都市再生整備計画(肱南・肱北地区)」を策定し、国の交付金(社会資本整備総合交付金)を活用しながら、まちづくりを進めてきました。
計画終了の翌年度にあたる令和2年度に、都市再生整備計画の事後評価結果を公表します。

都市再生整備計画(肱南・肱北地区)の公表について

肱南・肱北地区について、清流肱川と歴史景観資源を活かした来訪者の受入強化を行いつつ、安心・安全な生活環境の創出により快適で住みやすいまちづくりを目指すため、「肱南・肱北地区都市再生整備計画」を作成しましたので、その内容を公表いたします。

【目標】
 清流肱川と歴史景観資源を活かした来訪者の受入強化を行いつつ、安心・安全な生活環境の創出により快適で住みやすいまちづくりを目指す。
 (1)JR伊予大洲駅から歴史ある町並みへの歩行動線をつくり誘客機能の向上を図る。
 (2)清流肱川をはじめとする自然と「伊予の小京都」としての魅力の維持・向上と安心・安全のまちづくり
 (3)住民等による活動と連動したまちづくりの展開

【計画期間】
 平成27年度から平成31年度
 詳細につきましては、下記のPDFファイルをご覧ください。