ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民生活課 > ごみの適正な分別と削減にご協力ください

ごみの適正な分別と削減にご協力ください

ごみを出す前にもう一度確認を

ごみの分別が出来ていないものや、指定日以外にごみを出す人が見受けられます。

ごみの分別表とごみ出しカレンダーを確認して、次のことを守ってごみの排出をしてください。

 ▽大洲市指定のごみ袋を使用する

 ▽ごみ袋の口をしっかり結ぶ

 ▽収集日当日の朝に出す (午前8時までに)

 ▽生ごみの水分を切る

  生ごみは80%が水分です。水分が少ないほど、燃やすためのエネルギーが少量で済み、経費削減につながります。

 ▽資源ごみを分別する

  食品トレイのうち発泡トレイでないもの、食用油ボトルやシャンプーボトルなどは「もやすごみ」です。

  新聞・雑誌などの紙類は、「もやすごみ」ではありません。分別して「資源ごみ」として出してください。

 

3Rでごみを減らそう

 「3R」とはごみ減量のための、3つの「R」ではじまる取組のことです。

 

Reduce(リデュース) 【ごみを減らす】   無駄なごみの量を少なくしましょう。

Reuse(リユース) 【くり返し使う】     物をごみとしないで大切に使いましょう。

Recycle(リサイクル)【再資源化する】  分別して資源として排出すれば、新たな製品に生まれ変わります。

 

 食材は必要な量だけを買って、買った食材は使い切るように心掛け、食品ロス削減に努めましょう。

 また、買い物をする際には、マイバックを持参しましょう。