ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民生活課 > 飼い主のいない猫について知って欲しいマナー

飼い主のいない猫について知って欲しいマナー

野良猫を捕獲や駆除することについて

 猫が庭に入ってフンや尿をして困る、敷地内で子猫が生まれた、鳴き声がうるさいなど、飼い主がいない猫(野良猫)に関する相談が寄せられています。
 猫には、犬のように放し飼いを規制する法制度がなく、飼い猫と野良猫の区別もできないため、猫の駆除や捕獲はできません。

 また、動物の愛護及び管理に関する法律に基づきケガや疾病などによりやむを得ず保護の必要がある場合以外は、市での捕獲や引き取りは行っていません。

※用具などを使って駆除を目的に猫に苦痛を与える方法で捕獲を行った場合、法律違反(動物虐待)で罰せられる場合があります。

 そのため猫のフンや尿などによる被害を軽減させるためには、猫よけ対策をするしか方法がありません。進入口をふさいだり、忌避剤を使用するなど、猫にとって快適な場所から嫌いな場所に変えると効果があるようです。

野良猫が増える原因について

 野良猫が増える原因は、人間の勝手な都合で捨てたり、かわいそうだからと思って置きエサをすることです。

 このような行為は、反対に不幸な猫を増やしてしまうことにつながり、周辺の生活環境にも悪影響を及ぼしますので、無責任なエサやりは絶対にしないでください。

 また、飼い主が室内飼育や不妊去勢手術をすることも不幸な猫を増やさないことにつながります。

 そして、ペットは大切な家族の一員です。愛情をもって終生飼うようにしましょう。

※愛護動物を遺棄した場合も罰せられます。

捨て犬のイラスト捨て猫のイラスト