ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 高齢福祉課 > 令和3年度における新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

令和3年度における新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

介護保険料の減免について

 令和3年度についても新型コロナウイルス感染症の影響により収入の減少が見込まれる場合など、以下に該当する介護保険第1号被保険者(65歳以上の方)に対し、介護保険料の減免を実施します。
 この措置を受けるには申請が必要です。

対象となる保険料

  令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に普通徴収の納期限(特別徴収の場合は年金支払日)があるもの。
  ※令和2年度相当分の保険料で、令和3年3月に介護保険の資格を取得したこと等により、令和3年4月以降に普通徴収の納期限があるものについても対象となります。ただし、所得更正等による過年度分保険料は対象外です。

申請受付期間

  令和3年7月1日(木曜日)から令和4年3月31日(木曜日)

対象となる事由と減免割合 

 
  減  免  事  由 減免割合
(1) 新型コロナウイルス感染症により、被保険者が属する世帯の主な生計維持者が死亡、または重篤な傷病(※1)を負った場合 全  額
(2) 新型コロナウイルス感染症の影響により、被保険者が属する世帯の主な生計維持者の事業収入等(※2)一定以上の減少が見込まれるなどの要件を満たす場合(※3)

前年の所得金額等に

より異なります(※4)

※1 「重篤な傷病」とは、1か月以上の治療を有すると認められるなど、新型コロナウイルス感染症の症状が著しく重い場合のことをいいます。

※2 事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入

※3 事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。 また、減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。ただし、減少した事業収入等の前年の所得金額や合計所得金額が0円以下の場合は減免対象外です。

※4 減免事由(2)の場合の減免額の計算式は次のとおりです。

     対象保険料額 × 減額または免除の割合 = 保険料減免額
      (A×B/C)         (D)

     A:当該第1号被保険者の保険料額
     B:減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額
     C:前年の合計所得金額
     D:前年の合計所得金額が210万円以下の場合は全部、210万円を超える場合は10分の8

(注) 令和3年度の保険料の減免申請をする場合:「前年」とは「令和2年」のことです。
    令和2年度相当分の保険料の減免申請をする場合:「前年」とは「令和元年」のことです。
    減免事由(2)の減免額の計算式の減免または免除の割合(D)について、令和2年度相当分の保険料を減免する場合は「前年の合計所得金額が200万円以下の場合は全部、200万円を超える場合は10分の8」となります。

申請方法

申請窓口

 大洲市役所 高齢福祉課 介護保険管理係

申請の際に必要なもの

※減免を判定する上で、下記以外の書類をご提出いただくことがあります。事前にお問い合わせください。

  減免事由(1)の場合

  • 介護保険減免・徴収猶予申請書
  • 新型コロナウイルス感染により死亡または重篤な傷病を負ったことがわかるもの
  • 被保険者本人名義(死亡した場合は相続人代表者)の口座番号が確認できるもの
  • 認印

  減免事由(2)の場合

  • 介護保険減免・徴収猶予申請書
  • 当年の収入見込額申告書
  • 保険金、損害賠償等による補填額が確認できるもの
  • 被保険者本人名義の口座番号が確認できるもの
  • 認印
  • 廃業届(事業を廃止した場合)
  • 雇用保険受給資格者証など失業したことが確認できるもの(失業した場合)

申請様式

大洲市介護保険料減免・徴収猶予申請書 [PDFファイル/106KB]
収入見込額申告書 [PDFファイル/116KB]

令和2年度相当分の保険料の減免を申請される場合、収入見込額申告書は次の様式をご使用ください。

収入見込額申告書(令和2年度相当分の減免) [PDFファイル/116KB]