ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険の加入

国民健康保険とは

 国民健康保険(国保)は、病気やけがをしたときの医療費にあてるため、加入者みんなでお金を出し合って備える制度です。
 国保には、職場の健康保険や後期高齢者医療制度に入っている人、生活保護を受けている人を除くすべての人が加入します。

国民健康保険に加入する人

  1. お店などを経営している自営業の人
  2. 農業や漁業、林業を営んでいる人
  3. 退職して職場の健康保険などをやめた人
  4. パートやアルバイトなどをしていて、職場の健康保険などに加入していない人
  5. 外国人住民
  • 3か月を超える在留資格が決定され住民登録をしている人
  • 3か月以下の興行、技能実習、家族滞在、特定活動の在留資格であって、在留資格に応じた資料等により、在留期間の始期から起算して3か月を超えて滞在すると認められる人

国民健康保険に加入するとき

 次のような場合は、異動のあった日から原則14日以内に国民健康保険の加入手続きをしてください。手続きに必要なものは次のとおりです。

国民健康保険に加入している人が他の市区町村から転入してきたとき

  • 本人確認書類
  • 印鑑(認め印)
  • 委任状(別世帯の人が手続きする場合)

 

国民健康保険以外の健康保険等を脱退、あるいは被扶養者でなくなったとき

  • 健康保険等の資格喪失証明書
  • 本人確認書類
  • 印鑑(認め印)
  • マイナンバーが確認できる書類(マイナンバーカードやマイナンバー通知カード)
  • 委任状(別世帯の方が手続きする場合)

 資格喪失証明書の様式と記入例は次のとおりです。

 健康保険資格喪失証明書(様式) [Excelファイル/24KB]

健康保険資格喪失証明書(様式) [PDFファイル/99KB]

健康保険資格喪失証明書(記入例) [PDFファイル/172KB]

 

国民健康保険に加入している人に子どもが生まれたとき

  • 本人確認書類
  • 印鑑(認め印)

 

生活保護を受けなくなったとき

  • 本人確認書類
  • 印鑑(認め印)
  • 生活保護廃止決定通知書
  • 委任状(別世帯の人が手続きする場合)

 

ご注意ください

 加入の手続きが遅れると、保険税は国保加入資格を得た月までさかのぼって納めなければなりません。その間の医療費は全額自己負担となります。

 

 

※本人確認書類とは、マイナンバーカード・運転免許証・パスポートなど顔写真がある公的な証明書になります。