ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険を脱退するとき

国民健康保険を脱退するとき

 次のような場合は、国民健康保険脱退の手続きが必要となります。手続きに必要なものは次のとおりです。

国民健康保険に加入している人が他の市区町村に転出するとき

  • 国民健康保険証
  • 印鑑(認め印)

 

国民健康保険以外の健康保険等に加入したとき

  国民健康保険から国民健康保険以外の健康保険等には自動で切り替わりません。

  国民健康保険脱退の届け出が必要です。

  • 国民健康保険証
  • 新しく加入した健康保険証(未交付の場合は、加入したことを証明するもの)
  • 印鑑(認め印)

 

国民健康保険に加入している人が亡くなられたとき

  • 国民健康保険証(亡くなられた人の分) 

    ※世帯主が亡くなられた場合は、国民健康保険に加入されている他の世帯員の保険証も必要です。

  • 印鑑(認め印)

 

生活保護を受けるようになったとき

  • 国民健康保険証
  • 生活保護開始決定通知書
  • 印鑑(認め印)

 

ご注意ください

 脱退の手続きが遅れると、保険税を二重に支払ってしまうこともありますので、必ず早めに済ませましょう。

 また、新しい健康保険証ができているにもかかわらず、国民健康保険証を使って受診すると、国民健康保険から給付され

分の医療費を払い戻さなければなりません。

 国民健康保険以外の健康保険等に加入する予定がある場合には、勤務先に資格取得日を確認し、その日以降は国民健康保険証を使用し

いようにしてください。

 

郵送での手続き

 国民健康保険以外の健康保険等に加入した場合には、郵送での手続きも可能です。

 郵送での手続きを希望される場合は、保険年金課国保係までご連絡ください。

 ご連絡後、手続きに必要な国民健康保険資格異動届を送付しますので、次のものを同封のうえ、返送してください。

  •  国民健康保険証
  •  新しく加入した健康保険証のコピー