ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 休日・夜間診療 > 令和3年10月救急病院・休日診療・当番医

令和3年10月救急病院・休日診療・当番医

みんなで守る救急医療

救急医療の現状

 医療は私たちの生命や健康を守るセーフティネットであり、地域社会の維持、発展を支える重要な社会基盤の一つです。とりわけ、急な病気やケガで一刻を争う患者の生命を救うには救急病院の役割が大変重要です。
 現在、救急医療の現場は医師不足や医師の高齢化等が深刻化する中で、医療従事者の負担が大きくなっています。将来にわたり、安心して医療を受けられる環境を守るためには、医療を提供する医療機関だけではなく、受ける側すべての市民が、地域医療が抱える課題を正しく理解し、限りある医療資源を大切に活用していく意識や行動が大切になっています。

医療体制を守るには「みんなの理解と協力が不可欠です!!

みんなで守り育てる地域医療

救急医療の体制

 救急医療は、症状の重症度や緊急度に応じて、初期・二次・三次の三つの機能に役割分担することで、医療体制が保たれています。

救急医療の体制

初期(一次)救急

 初期救急は、比較的軽症の患者に医療を提供するため、喜多医師会の協力を得て「大洲喜多休日夜間急患センター」を設置しています。
 診療は、日中の業務を終えた医師が交替で支えており、最小限のスタッフで応急的な処置を行います。検査や投薬など通常のような診療は行っていませんのでご注意ください。

曜日 診療時間 医院名 住所 電話番号
平日・土曜日 19時00分~22時00分 大洲喜多休日夜間急患センター 東大洲88-1 0893-23-1156
日曜日・祝日 9時00分~18時00分
日曜日(夜間) 19時00分~22時00分

※診療科目は、「内科」です。その他の科目については対応できません。
※発熱や風邪症状がある方は、受診する前に必ず電話連絡をお願いします。
 また、医療従事者の負担軽減を図るため、かかりつけ医や診療時間内の受診をお願いします。 

二次救急

直ちに命にかかわらないものの、入院や検査が必要な重症患者を受入れ医療を提供します。八幡浜・大洲2次救急医療圏域にある病院群輪番制病院が曜日ごとに輪番で診療します。

曜日

【昼間帯】8時30分~17時30分 【夜間帯】17時30分~翌日の8時30分
月曜日・火曜日 市立大洲病院(大洲市西大洲)
電話番号:0893-24-2151
水曜日 加戸病院(喜多郡内子町)
電話番号:0893-44-5500
喜多医師会病院(東大洲)
電話番号:0893-25-0535
木曜日 大洲記念病院(大洲市徳森)
電話番号:0893-25-2022
市立八幡浜総合病院(八幡浜市大平)
電話番号:0894-22-3211
金曜日・土曜日 大洲中央病院(大洲市東大洲)
電話番号:0893-24-4551
日曜日 大洲中央病院(大洲市東大洲)
電話番号:0893-24-4551
(8時30分~18時00分)
市立八幡浜総合病院(八幡浜市大平)
電話番号:0894-22-3211

三次救急

 命にかかわる病気やけがなど重篤な患者を受入れ、高度で専門的な医療を救命救急センター(市立宇和島病院・県立中央病院・県立新居浜病院)、愛媛大学医学部附属病院が24時間体制で対応します。

 

救急医療の現状(救急病院を適正に利用しましょう!!)

 救急病院は、緊急性の高い患者を受入れ、一般(日中)の診療が開始されるまでの応急的な処置を行うことを目的に設置されています。
 したがって、限られたスタッフで対応しており、検査や投薬など通常のような診療を行うことはできません。いつでも、どんな症状でも診てもらえるという安易な考えをやめ、休日や夜間に緊急性のない軽症患者が個人的な理由で受診するコンビニ受診は控えましょう。

2次救急病院 症状程度別患者数令和2年度救急病院受診者数

 大洲広域消防管内では、救急車の出動件数や搬送件数が増加・高止まりの傾向にあり、搬送者を傷病別に見ると、3割強が入院の必要のない軽症患者で、中等症を含めると8割が重症・重篤以外の患者です。
 救急車を呼ぶ前に「今直ぐに救急車が必要か?」もう一度考えましょう。
救急出動件数・搬送人員の推移傷病程度別割合

こんな症状がみられたら、ためらわず119番に通報しましょう

救急車を上手に使いましょう(消防庁ホームページ)

 

子どもの救急

小児在宅当番医

日曜・祝日の日中において、子どもの急な病気に対応します。
なお、ケガ等による外科治療は、当日の救急病院を受診ください。
また、当番医により診療時間が異なりますのでご注意ください。

9月末と10月の日曜・祝日当番医情報を表示しています。

診療日 診療時間 医院名 住所 電話番号
9月26日(日曜日)  9時00分~12時00分、14時00分~17時00分 ごとう小児科 大洲市東大洲 0893-23-0510
10月3日(日曜日)  9時00分~12時00分、14時00分~17時00分 山下小児科 宇和町伊賀上 0894-62-6801
10月10日(日曜日)  9時00分~12時00分、14時00分~18時00分 八幡浜一次救急休日・夜間診療所 八幡浜市大平 0894-24-1199
10月17日(日曜日)  9時00分~12時00分、14時00分~18時00分 八幡浜一次救急休日・夜間診療所 八幡浜市大平 0894-24-1199
10月24日(日曜日)  9時00分~12時00分、14時00分~18時00分 みかんこどもクリニック 八幡浜市白浜通 0894-20-8800
10月31日(日曜日)  9時00分~12時00分、14時00分~17時00分 おおくぼこどもクリニック 大洲市徳森 0893-57-9366

※大洲市・西予市・内子町と八幡浜市では診療時間が異なりますのでご注意ください。

小児在宅当番薬局

 お薬は、次の薬局で処方します。なお、記載のない場合は当番医が処方します。当日は、お薬手帳を持参しましょう。

月日 保険薬局名 住所 電話番号
9月26日(日曜日) くれよん薬局 大洲市東大洲 0893-59-0320
10月3日(日曜日) みどり台調剤薬局 宇和町伊賀上 0894-62-6020
10月24日(日曜日) しらはま薬局 八幡浜市白浜通 0894-35-7031
10月31日(日曜日) すずね薬局 大洲市徳森 0893-57-9688

救急病院を受診するか迷ったときのために!!

子ども医療電話相談

夜間に突然、お子さんの具合が悪くなった時は、子ども医療電話相談をご利用ください。
看護師や医師などが家庭での応急対処の方法などについてアドバイスします。

電話番号

短縮ダイヤル #8000 (固定電話、プッシュ回線、携帯電話)

または

089-913-2777(ダイヤル回線など)

相談時間

平日は19時00分から翌日の8時00分まで
土曜日は 13時00分から翌日の8時00分まで
日曜および祝日は8時00分から翌日の8時00分まで

子ども医療電話相談チラシ [PDFファイル/3210KB]

こどもの救急(Webサイト)

子どもが夜間や休日に病気やけがをした際に、救急病院に連れていくべきか迷ったときの目安を掲載しています。
【対象年齢】
生後1ヵ月から6歳
http://kodomo-qq.jp/
子どもの救急サイトへのQRコード

※公益社団法人 日本小児科学会 監修

子どもの救急ガイドブック

 「今すぐ病院へ連れて行くべきか」迷った時の目安を掲載したガイドブックです。
子どもの救急ガイドブック [PDFファイル/1.22MB]                                                
上記ガイドブックの内容については大洲市保健センター 東大洲270-1 電話 0893-23-0310 までお問合せください。

子どもの救急ガイドブック