ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・衛生・動物 > し尿・浄化槽 > 令和3年度から浄化槽補助金が変わります

令和3年度から浄化槽補助金が変わります

令和3年度から浄化槽補助金が変わります

市では、生活雑排水による水質汚濁を防止するため、浄化槽を設置する人に対して、費用の一部を予算の範囲内で補助しています。

これまでは、「浄化槽本体」を設置する費用に対して補助していましたが、本市では特に単独処理浄化槽からの設置替え(単独転換)が進んでいないことから、令和3年度からは、単独転換をする人に対してのみ、「宅内配管工事」および「単独処理浄化槽の撤去」にかかる費用についても補助します。

なお、この変更に伴い浄化槽本体の補助限度額についても一部見直します。

令和3年度からの補助限度額

補助の対象及び補助限度額は、以下の表のとおりです。

【令和3年度からの補助限度額】
人槽 補助区分 今までの補助限度額 令和3年度からの補助限度額
浄化槽本体 宅内配管 単独槽撤去
5人槽 新築 222,000円 166,000円
単独転換 400,000円 332,000円 300,000円 90,000円
くみ取り転換 400,000円
7人槽 新築 277,000円 207,000円
単独転換 480,000円 414,000円 300,000円 90,000円
くみ取り転換 480,000円
10人槽 新築 367,000円 274,000円
単独転換 640,000円 548,000円 300,000円 90,000円
くみ取り転換 640,000円

注1)新築とは、既存建物を取り壊し後、新築する場合も含みます。また、国の交付基準の改正により、補助対象とならない場合があります。
注2)既存の施設が単独処理浄化槽で、増築などにより人槽が増となる場合は、新築扱いとなります。
注3)くみ取り転換とは、くみ取り槽からの設置替えのことです。
注4)宅内配管の工事範囲は、浄化槽への流入管(トイレ、台所、洗面所、風呂などからの排水)、ますの設置および住居の敷地に隣接する排水路までの放流管の設置にかかる工事のことです。
注5)単独槽撤去は、浄化槽の設置のために既設の単独処理浄化槽の全撤去が必要な場合で、最終処分場にて処分した場合のみ補助します。
注6)工事費用が補助限度額に満たない場合は、それぞれの工事費用の千円未満を切り捨てた額の合計になります。

補助金の申請について

申請様式のダウンロードや、補助の条件について詳しく知りたい方は、以下のリンク先の内容をご確認ください。

令和3年度 浄化槽設置補助金について