ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナワクチン廃棄防止の取組について

新型コロナワクチン廃棄防止の取組について

大洲市新型コロナウイルスワクチン廃棄防止の取組について

 本市では、コロナウイルスワクチンを有効に活用するため、予約キャンセルによりワクチンの余剰が出た場合に、廃棄を防止するための取扱いを以下のように定めましたのでお知らせします。

余剰が出た時の接種対象者

  やむを得ず、接種場所において、ワクチンの余剰が出た場合は、次の順位をもって、予約者以外に接種することとします。

特設会場での接種で余剰が出た場合

   1 医療従事者等

   2 市内特設会場の従事者

   3 高齢者施設従事者で高齢者施設接種時に接種できなかったかた  

高齢者施設での接種の場合

   1 当該施設従事者

   2 医療従事者等