ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > セーフティネット認定書の有効期間が延長されました(令和2年5月1日更新)

セーフティネット認定書の有効期間が延長されました(令和2年5月1日更新)

 令和2年5月以降開始する新制度(都道府県等の制度融資(新型コロナウイルス感染症対応資金要綱))では、既往の信用保証付き融資の借換えを認めることとしていること、また、新型コロナウイルス感染症の影響が広がる中、多数の中小・小規模事業者の利用が見込まれることから、認定窓口の混雑緩和、利用者の利便性の確保といった観点から、認定書の有効期間を延長することとなりました。

 これにより、令和2年1月29日から令和2年7月31日までに認定を取得した中小企業者については、認定書の有効期限が令和2年8月31日までとなります。
※すでに発行している認定書について、令和2年8月31日まで利用できます。(再発行の必要はありません。)