ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金

令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金

 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として、児童手当を受給する世帯に対し、対象児童一人あたり1万円を給付する臨時特別給付金を支給します。

支給対象者

 令和2年4月分の児童手当(本則給付)の支給を受けている方
 および
 令和2年3月まで中学生だった児童の児童手当(本則給付)の支給を受けていた方
 ※ 本則給付とは、児童1人につき月額1万円または1万5千円の手当のことです。
    月額5千円の特例給付の方は対象になりませんのでご了承ください。

 ※ 平成16年4月2日から令和2年3月31日までに生まれた児童が対象です。

支給額

 対象児童1人につき1万円です。

申請方法及び支給方法

1 大洲市から児童手当の支給を受けている(受けていた)方

   ・申請の必要はありません。
    対象者には事前にお知らせを郵送しますので、受給を辞退される方のみ届出してください。
     令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金(チラシ) [PDFファイル/756KB]
     注意事項 [PDFファイル/770KB]
     受給拒否の届出書(辞退される方のみ提出) [PDFファイル/83KB]

   ・児童手当の指定口座に振り込みます。
    振込口座に変更があった場合は振り込みができませんので、口座登録を届出してください。
     口座登録等の届出書 [PDFファイル/159KB]

   ・支給時期
    6月10日(児童手当定時払と同日)です。振り込みが確認できなかった場合には、お問い合わせください。
    ただし、振り込みまでに児童手当の受給資格等の確認ができていない場合は、確認ができてからになります。

2 公務員で大洲市にお住いの方

   ・所属庁から配布される申請書に支給対象者である旨の証明を受けて、大洲市子育て支援課に申請してください。
    コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、郵送での提出にご協力ください。

   ・申請受付期間
    令和2年6月1日から11月30日まで

   ・支給時期
    申請を受付次第、随時振り込みます。

 ※ 公務員の方は、基準日時点で住所を有していた市町村に対して申請を行う必要があります。
    基準日は「令和2年3月31日」ただし、令和2年4月より新高校1年生となった児童については同年2月29日です。
    なお、基準日前後に転居した場合については、転出予定日が基準日以前であれば転出先の市町村へ、転出予定日が基準日の
   翌日以降であれば転出前の市町村へ申請を行ってください。

DV避難者へのお知らせ

 配偶者からの暴力を理由に避難している方については、上記の支給対象者に該当しない場合でも、一定の要件を確認したうえで、支給できる場合があります。
 詳しくは子育て支援課にお問い合わせください。

○ 内閣府ホームページに制度の概要が掲載されていますので、ご覧ください。
    内閣府ホームページ