ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > わがまちの文化財 > 旧加藤家住宅主屋

旧加藤家住宅主屋

名称旧加藤家住宅主屋(きゅうかとうけじゅうたくしゅおく)
指定種別国登録
種別有形文化財
指定年月日平成19年7月31日
数量1棟
所在地大洲市大洲841
所有者大洲市

概要

 主屋は、旧大洲藩主の加藤家が大正14(1925)年に建築した木造二階建ての住宅。
 旧大名家の住宅らしい格式の高さや、西洋風のモダンさを随所に備えた、大洲を代表する近代和風建築の一つである。
昭和50年代には、映画『男はつらいよ』の舞台となり、本住宅の正面玄関や正門、裏門などが撮影に使われたことから、市民には「殿様の家」として広く知られている。

 建築当時の姿を良く遺しており、また戦前の旧大名家の暮らしぶりがうかがえる住宅である。現在、「お殿さま公園」内で一般公開されている。

旧加藤家住宅主屋

位置図