ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 軽自動車税の税率

軽自動車税の税率

軽自動車税について

  地方税法の改正にともない、軽自動車税の納付いただく金額が平成28年度から引上げられました。車両の種類や新車登録した年月日によって適用される税率が違いますのでご注意ください。

原動機付自転車、オートバイ、小型特殊自動車をお持ちの方へ

区分

平成28年度から

・原動機付自転車

 ⇒ ミニバイクなど

50cc以下

2,000円

50cc超90cc以下

2,000円

90cc超125cc以下

2,400円

ミニカー

3,700円

・二輪の軽自動車 / 側車付を含む

 ⇒ 軽二輪バイク

125cc超250cc以下

3,600円

・被けん引車

 ⇒ ボートトレーラーなど

・二輪の小型自動車

 ⇒ 小型二輪バイク

250cc超

6,000円

・小型特殊自動車

 ⇒ フォークリフト、農耕用トラクターなど

農耕作業用

2,400円

農耕以外の特殊作業用

5,900円

軽三輪、軽四輪を 「 平成27年3月31日まで 」 にお持ちの方へ

従来税率 / 平成16年4月1日~平成27年3月31日までに新車登録した車両をお持ちの場合

 平成16年4月1日~平成27年3月31日に新車登録した車両をお持ちの場合、新車登録から13年を経過するまでは、今までの税率と同じです。  

区分

平成28年度からも同じ税率

備考

三輪

3,100円

 13年経過後は、重課税率に変更となります。

四輪以上

乗用

自家用

7,200円

営業用

5,500円

貨物

自家用

4,000円

営業用

3,000円

※ 新車登録とは、車両製造後、初めてナンバー登録を受けた時のことです。中古車で購入・登録された時ではありません。

重課税率 / 平成16年3月31日までに新車登録した車両をお持ちの場合( 新車登録から13年超 )

 環境への負担低減を図るため、平成29年3月31日時点で、新車登録から13年を経過した車両は重課税率が適用されます。

区分

平成29年度から

備考

三輪

4,600円

・ 重課税率は、新車登録年月から数えて13年目になる年度の翌年度から適用されます。

・ 新車登録年月は、車検証に記載されている「初度検査年月」で確認してください。

・ 動力源または内燃機関の燃料が「電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車並びに被けん引車」は重課税率の対象外です。

四輪以上

乗用

自家用

12,900円

営業用

8,200円

貨物

自家用

6,000円

営業用

4,500円

 

軽三輪・軽四輪車を 「 平成27年4月1日以降 」 に新車登録(新車購入)された方へ

平成27年度以降に新車登録した車両の税率

区分

平成28年度から

備考

三輪

3,900円

 新車登録から13年を経過するまでは、この税率ですが、13年経過後は、前述の重課税率に変更となります。

四輪以上

乗用

自家用

10,800円

営業用

6,900円

貨物

自家用

5,000円

営業用

3,800円

    ↓  ただし・・  

 「 排出ガス及び燃費性能の優れた車 」 を新車で購入された場合は、その燃費性能に応じて、登録年度の翌年度に限り、税率が軽減されます ( グリーン化特例 )。

平成28年度中の新車購入のうち対象となる車両

軽減内容

平成29年度のみ

・電気自動車

・天然ガス自動車(一定の要件を満たすもの)

税率を概ね

75%軽減

・四輪以上

  乗用自家 2,700円

  乗用営業 1,800円

  貨物自家 1,300円

  貨物営業 1,000円

・三輪 1,000円

・ガソリン車

・ハイブリット車

低排出ガス車(★★★★)かつ

 ・乗用‥平成32年度燃費基準+20%達成車

・貨物用‥平成27年度燃費基準+35%達成車

税率を概ね

50%軽減

・四輪以上  

  乗用自家 5,400円

  乗用営業 3,500円 

  貨物自家 2,500円 

  貨物営業 1,900円

 ・三輪 2,000円

低排出ガス車(★★★★)かつ 

・乗用‥平成32年度燃費基準達成車

・貨物用‥平成27年度燃費基準+15%達成車

税率を概ね

25%軽減

・四輪以上  

  乗用自家 8,100円 

  乗用営業 5,200円          

  貨物自家 3,800円                       

  貨物営業 2,900円

・三輪 3,000円

※ 「★★★★」は、平成17年排出ガス基準より75%以上性能が良い自動車です。

※ 自動車の低燃費区分は、車検証や国土交通省ホームページからも確認できます。

     国土交通省ホームページアドレス http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000028.html

※ グリーン化特例は、毎年、対象自動車や税率等の見直しがあります。