ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 平成27年度から個人住民税の特別徴収を愛媛県内一斉に完全実施します

平成27年度から個人住民税の特別徴収を愛媛県内一斉に完全実施します

個人住民税は、所得税と同じく事業主の皆さんに徴収していただきます

 愛媛県と県内の全市町では、平成27年度から、法令遵守と納税の公平化を図るため、所得税の源泉徴収義務を有する全ての事業主の皆さんに、個人住民税の特別徴収(給与からの天引)をしていただくことになりました。

特別徴収とは

 個人住民税の特別徴収とは、給与支払者が、所得税の源泉徴収と同様に、住民税の納税義務者である給与所得者に代わって、毎月従業員に支払う給与から住民税(市民税+県民税)を徴収し、納入していただく制度です。
 地方税法第321条の4および市税条例の規定により、給与を支払う事業主は、原則としてすべて特別徴収義務者として住民税を特別徴収していただくことになっていますので、まだ特別徴収を行っていない事業者は、制度をご理解の上、ご協力をお願いいたします。

特別徴収のメリット

 市・県民税の特別徴収には次のメリットがあります。

従業員(給与所得者)のメリット

  • 給与から徴収(天引)されますので、市役所、金融機関等へ出向く手間がかかりません。
  • 給与から徴収(天引)されますので、納め忘れがありません。
  • 普通徴収で年5回に分けて納税するのと比べ、特別徴収は年12回に分けて給与から徴収(天引)されますので、1回あたりの負担が少なくなります。

事業者(給与支払者)のメリット

  • 税額の計算は市町村が行いますので、所得税のように税額を計算したり、年末調整をする手間はかかりません。

特別徴収のながれ