ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 軽自動車税の減免

軽自動車税の減免

軽自動車税の減免

 次の要件に該当する場合、申請により軽自動車税の減免を受けることができます。

減免の対象となる車両

  1.  身体障がい者等が所有し、運転するもの。
  2.  身体障がい者等が所有し、生計を一にする方が運転するもので、この障がい者の通学・通院・通所・生業のために専ら使用するもの。
  3.  身体障がい者等のみの世帯の方が所有し、常時介護をされる方が運転するもので、この障がい者の通学・通院・通所・生業のために専ら使用するもの。
  4.  車いすの昇降装置や固定装置などを備えた構造上専ら障がい者が利用すると認められるもの(車検証の車体形状が「車いす移動車」等であるものに限る)。

※18歳未満の身体障がい者の方、知的障がい者、精神障がい者の方の場合、生計を一にする方が所有し、運転するものも対象となります。
※減免可能な台数は、普通自動車・軽自動車などを問わず、対象者1人につき1台限りです。

減免の対象となる障がいの範囲

1.身体障害者手帳をお持ちの方

障がいの状態障がいの級別
本人運転生計同一者または
常時介護者が運転
視覚の障がい1級から4級まで
聴覚の障がい2級から3級まで
平衡機能の障がい3級
音声機能、言語機能または
そしゃく機能の障がい
3級
※喉頭摘出による音声機能障がいに限る
上肢の障がい1級から2級まで
下肢の障がい1級から6級まで1級から3級まで
体幹の障がい1級から5級まで1級から3級まで
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能の障がい 上肢機能1級から2級まで
下肢機能1級から6級まで1級から3級まで
心臓機能の障がい1級から3級まで
じん臓機能の障がい1級から3級まで
呼吸器機能の障がい1級から3級まで
ぼうこう機能の障がい1級から3級まで
直腸または小腸機能の障がい1級から3級まで
肝臓機能の障がい1級から3級まで
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障がい1級から3級まで

2.戦傷病者手帳をお持ちの方

障がいの状態重度障がい(障がい)の場合
本人運転生計同一者または
常時介護者が運転
視覚の障がい特別項症から第4項症
聴覚の障がい特別項症から第4項症
平衡機能の障がい特別項症から第4項症
音声機能の障がい特別項症から第2項症
※喉頭摘出による音声機能障がいに限る
上肢の障がい特別項症から第3項症
下肢の障がい特別項症から第6項症
第1款症から第3款症
特別項症から第3項症
体幹の障がい特別項症から第6項症
第1款症から第3款症
特別項症から第4項症
心臓機能の障がい特別項症から第3項症
じん臓機能の障がい特別項症から第3項症
呼吸器機能の障がい特別項症から第3項症
ぼうこう機能の障がい特別項症から第3項症
直腸または小腸機能の障がい特別項症から第3項症
肝臓機能の障がい特別項症から第3項症

3.療育手帳をお持ちの方

障がいの区分 判定区分知的障がいの程度
本人運転生計同一者または
常時介護者が運転
知的障がいA最重度・重度
中度(身体障がい1級から3級との重複障がいに限る)

4.精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方

障がいの区分障がいの級別
本人運転生計同一者または
常時介護者が運転
精神障がい1級

集中受付期間

毎年4月1日~中旬頃
 減免を受ける年度の5月24日まで(納期限が5月31日でない場合は、その納期限の7日前まで)に
申請してください。
【申請方法】
簡易申請(郵送受付・添付書類の省略)が可能な場合
簡易申請該当要件提出の方法
 前年度に減免を受けており、右記
の該当要件すべてを満たす場合に
限ります。
4月1日時点で次のすべてに該当している
・身体障害者手帳による減免であること
・本人が所有し運転するものであること
・減免車輌に変更がないこと
・障がいの程度に変更がないこと
申請書を郵送する
または最寄の窓口へ
提出
注)申請書に記載漏れ等のないようご注意ください。内容によっては補正をお願いする
  場合があります。
一般申請(窓口提出・添付書類)が必要な場合
一般申請該当要件提出の方法
 申請書、必要な書類を提出する
必要があります。
4月1日時点で簡易申請以外の免除事由
に該当している
必要書類を添えて
最寄の窓口へ提出

申請に必要なもの

 申請書運転免許証印鑑障害者手帳
など(原本)
車検証健康保険証または生計同一証明書
障がいを持っている
本人が運転
簡易
一般
生計同一者・介護者が運転
車輌構造による減免の場合