ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 社会福祉課 > ヘルプマークについて

ヘルプマークについて

ヘルプマークとは

 ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせるものです。

 ヘルプマークは、ストラップにより鞄などに着けて使用し、外見で援助や配慮が必要なことを示します。そのヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、座席を譲ったり、困っている様子であればお声掛けのうえ、ご支援をお願いします。   

配布対象者

社会福祉課所管

  • 身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者、難病者(特定疾患医療受給者証所持者)
  • その他ヘルプカードの配布を希望される障がい者など  

保健センター所管

  • 妊娠初期の方など(妊娠月数は問いません。)

配布方法

 社会福祉課、保健センター及び各支所地域振興課窓口において、口頭でお申し出ください。その場で対象者へ配布します。(代理の方の受け取りも可能とします。) 

参考資料

ヘルプマークチラシ [PDFファイル/1.3MB]