ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 社会福祉課 > 災害援護資金の貸付けについて

災害援護資金の貸付けについて

災害援護資金の貸付けについて

 この度の豪雨による災害により、世帯主が重傷を負った世帯または住居・家財に著しい損害を受けた世帯のうち、一定の所得に満たない世帯の世帯主に対し、生活の立て直しのための資金の貸付けを行います。

対象となる世帯

次の(1)~(3)全てに該当する方

(1) 被害時に大洲市に住所を有していた方
(2) 災害により、次の被害の種類及び程度のいずれかに該当する世帯
(3) 世帯の平成29年分の市町村民税における総所得金額が、「所得制限の額」未満の世帯

貸付限度額

被害の種類・程度

及び貸付限度額
家財及び住居に損害のない場合家財の1/3以上が損害を受けた場合住居が半壊の場合住居が全壊の場合
A.世帯主が負傷し、療養期間がおおむね1か月以上の場合150万円250万円

270万円
(350万円)※

350万円
B.世帯主におおむね1か月以上の負傷がない場合150万円

170万円
(250万円)※

250万円
(350万円)※

※被災した住居を建て直すに当たり、住居の残存部分を取り壊さざるを得ない場合等の事情があるときは、( )内の金額が限度額となります。

所得制限の額
世帯人数1人2人3人4人5人以上 
総所得額220万円430万円620万円730万円1人増すごとに730万円に30万円を加えた額住居が滅失した場合は、世帯人数にかかわらず、1,270万円

保証人

 原則として、大洲市に居住し、連帯責任を負うだけの資産または確実な収入がある連帯保証人の方1名が必要です。

償還期間・償還方法

 償還期間は10年で、うち3年(特別な場合は5年)が据置期間です。

 償還方法は元利均等方式の年賦または半年賦(ただし繰上償還が可能)です。

貸付利子

 据置期間中は無利子、据置期間後は年3%です。

 ただし、市及び県から利子補給があるため、実質無利子となります。

申込期間

 平成30年10月31日まで

申し込みに必要な書類

  1. 災害援護資金借入申込書
  2. り災証明書(コピー可)・住民票
  3. 所得証明書(申込者世帯全員および保証人)
  4. 納税証明書(申込者本人および保証人)
  5. 必要な経費の見積書など
  6. 医師の診断書(世帯主に1箇月以上の負傷がある場合に必要です。)