ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 社会福祉課 > 障がい福祉関係の各申請時にマイナンバー(個人番号)の記載が必要となります

障がい福祉関係の各申請時にマイナンバー(個人番号)の記載が必要となります

平成28年1月より、各申請時にマイナンバー(個人番号)が必要となります

平成28年1月1日より、障がい福祉関係の申請手続きにはマイナンバーの提示が必要となります。窓口にお越しの際は、下記のものをご準備ください。

申請時に必要なもの

【マイナンバー確認書類】

(1)個人番号カード(顔写真付き)
(2)通知カード
(3)マイナンバーが記載された住民票の写し など
(1)~(3)のいずれかが必要です。

【本人確認書類】

◎1点でよいもの(顔写真付きのもの)
個人番号カード、住民基本台帳カード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書

◎2点必要なもの
健康保険証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、介護保険被保険者証、医療受給者証 等

※代理人が申請される場合は、代理人の本人確認書類等が必要となります。代理で申請される場合は、事前にご相談ください。

マイナンバー(個人番号)が必要となる手続き一覧

※そのほか、申請時に必要なものについては各ページをご覧ください。