ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 職員・採用 > 平成29年度大洲市職員採用試験案内

平成29年度大洲市職員採用試験案内

平成29年度大洲市職員採用試験  ~総合適性検査枠を新設~

     大洲市職員採用試験を次のとおり行います。

  事務職と総合技術職(土木・情報)に、公務員試験対策が不要の「総合適性検査枠」を新設しました。

                     ※一次試験(筆記試験)は、民間企業等で実施している基礎的能力を測る試験です。

受付期間

 平成29年6月1日(木曜日)から平成29年6月20日(火曜日)まで受け付けます。
 (月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時まで)
 なお、郵送の場合は平成29年6月20日(火曜日)までの消印のあるものに限り受け付けます。

試験区分(職種)、採用予定人員及び受験資格

試験は、次の試験区分ごとに行いますが、このうち希望するいずれか一つについてのみ受験できます。

試験区分( 職 種 )

採用予定人員

受     験     資   格

 事 務 職 Ⅰ  上級

4人程度

昭和59年4月2日以降に生まれた人で、大学を卒業した人または平成30年3月末までに卒業見込みの人

 事 務 職 Ⅱ  上級 

    【総合適性検査枠】             

2人程度

昭和59年4月2日以降に生まれた人で、大学を卒業した人または平成30年3月末までに卒業見込みの人

 総合技術職    上級    

     〔 土 木  

     〔 情 報  〕 

    【総合適性検査枠】 

2人程度

昭和59年4月2日以降に生まれた人で、大学において土木工学若しくは情報工学に関する学科を専攻して卒業した人または平成30年3月末までに卒業見込みの人  

 保 育 士    中級

 幼稚園教諭

4人程度

昭和59年4月2日以降に生まれた人で、保育士の資格と幼稚園教諭免許の両方を有する人または平成30年3月末までに資格及び免許取得見込みの人

 保 健 師    上級

2人程度

昭和59年4月2日以降に生まれた人で、保健師の免許を有する人または平成30年3月末までに免許取得見込みの人

前記に該当し、かつ次のそれぞれの要件を満たす人
 ⑴ 日本の国籍を有する人
 ⑵ 次のアからエに該当しない人
  ア 成年被後見人または被保佐人
  イ 禁錮(こ)以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの人
  ウ 大洲市職員として懲戒免職の処分を受け、この処分の日から2年を経過しない人  
  エ 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した人

※ 公務員として必要な学力及び適格性がない場合は不合格としますので、合格者数が採用予定人員に達しない場合があります。

試験日、場所及び合格発表等

試験は、第1次試験及び第2次試験とし、第2次試験は第1次試験合格者に対して行います。

(1)試験日、場所及び合格発表

区  分

試験日

場  所

合格発表

 第1次試験

平成29年7月23日(日曜日)

大洲市役所

平成29年8月中旬に通知します。

 第2次試験

平成29年9月上旬の予定ですが、 詳細は第1次試験合格者に通知します。

平成29年9月下旬に合格者に通知します。

(2)試験の方法

事務職Ⅰ

第1次試験教養試験 専門試験 適性検査 作文試験
第2次試験集団討論 口述試験

事務職Ⅱ、総合技術職

第1次試験総合適性検査            作文試験      
第2次試験集団討論               口述試験

保育士・幼稚園教諭、保健師

第1次試験教養試験 専門試験 適性検査 作文試験
第2次試験口述試験
 (3)出題分野
試験区分職種出題分野
教養試験

全職種

(事務職Ⅱ、総合技術職除く)

社会、人文及び自然に関する一般知識並びに文章理解、判断推理、数的推理

及び資料解釈に関する一般知能

専門試験

事務職Ⅰ

政治学、行政学、憲法、行政法、民法、刑法、労働法、経済学、財政学、社会政

策及び国際関係等

保育士・幼稚園教諭

社会福祉、児童福祉、発達心理、保育原理・保育内容及び保健衛生  

※「保育士」の試験問題です。

保健師公衆衛生看護学、疫学、保健統計学及び保健医療福祉行政論
適性検査

全職種

(事務職Ⅱ、総合技術職除く)

事務作業能力及び職場への適応性を性格の面からみる検査
総合適性検査

事務職Ⅱ

総合技術職

社会人全般に求められる知的能力や学力、性格、行動傾向をみる検査

採用予定年月日及び初任給等

(1)採用予定年月日等    
ア この試験の合格者の採用予定日は、平成30年4月1日です。ただし、卒業見込みの者または資格取得見込みの者にあっては、所定の時期までに卒業または資格を取得できなかった場合は、採用しません。
イ 勤務場所は、大洲市役所(本庁・支所)、市立保育所・幼稚園または保健センター等の予定です。

(2)初任給

職    種

   初  任  給

            諸   手   当

事務職(上級)

総合技術職(上級)

178,200円

大洲市職員の給与に関する条例等の規定により、扶養手当、住居手当、通勤手当、期末手当及び勤勉手当等 が該当者に支給されます。

保  育  士
幼稚園教諭

158,800円

  保健師(大卒)208,000円
※ 学歴及び職歴等により加算される場合があります。

受験手続き

⑴ 申込用紙の請求
 申込用紙は、大洲市総務部総務課で交付します。
 なお、郵便により請求される場合は、封筒の表に「受験申込用紙請求(例:事務職上級)」と朱書し、返信用封筒(A4判の用紙がそのまま入る封筒に140円切手を貼ったもの。返信先を記入のこと。)を必ず同封してください。それがない場合は、申込用紙を送付できません。

⑵ 申込手続き
 申し込みは、受験申込書及び受験票に必要な事項を記入し、最終学校卒業(見込み)証明書を併せて、大洲市総務部総務課へ提出してください。
 なお、郵便により申し込む場合は、必ず封筒の表に「受験申し込み」と朱書して申し込んでください。
※受験票について
 申し込みの際、受験票に最近6か月以内に撮影した写真(上半身、脱帽、正面向き、縦6cm、横4.5cm)を貼って提出してください。

その他

受験手続きその他詳細については、大洲市総務部総務課へお問い合わせください。