ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 商工産業課 > 平成30年7月豪雨災害に伴うセーフティネット保証4号の認定について(災害関連)(7/22更新)

平成30年7月豪雨災害に伴うセーフティネット保証4号の認定について(災害関連)(7/22更新)

平成30年7月豪雨災害に伴うセーフティネット保証4号の認定について(災害関連)

 大洲市では、平成30年7月豪雨災害に関して、セーフティネット保証4号の認定を開始しました。

 セーフティネット保証4号の認定を受けることで、一般保証とは別枠の信用保証協会の保証(保証割合100%)を利用することが可能となります。

認定要件

  • 大洲市において1年以上継続して事業を行っていること。
  • 平成30年7月豪雨災害による災害の発生に原因して、この災害の影響を受けた後、原則として最近1ヶ月の売上高または販売数量が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2ヶ月間を含む3ヶ月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

必要書類

  1. セーフティネット4号認定申請書(2部)
  2. 大洲市で事業を行っていることがわかる書類(登記簿の写し、土地・建物の賃貸契約書の写し等)
  3. 認定要件を満たす売上高の減少がわかる資料(試算表・月別売上表)
  4. 月別売上表

申請書および売上表様式

内容(保証条件)

対象資金

経営安定資金

保証割合

100%保証

保証限度額

無担保8千万円、普通2億円(別枠)

保証人

原則第3者保証人は不要

注意事項

  • 本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。
  • 大洲市長から認定を受けた後、本認定の有効期間内に金融機関または信用保証協会に対して、経営安定関連保証の申し込みを行うことが必要です。