ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 大洲ブランド > 平成30年度 大洲ええモンセレクション認定申請・更新申請募集を開始しました!(H30/5/29終了)

平成30年度 大洲ええモンセレクション認定申請・更新申請募集を開始しました!(H30/5/29終了)

大洲ええモンセレクション認定申請及び更新申請の募集について

平成30年度大洲ええモンセレクション認定申請及び更新申請の募集を開始いたします。(H30年5月29日終了)

平成30年度の募集対象は「加工食品、農産物、特用林産物(食用)、畜産物」とします。

大洲ええモンセレクション認定制度とは?

大洲の優れた産品を「大洲ええモンセレクション」として認定し、PRすることで知名度を高め、流通拡大と地域産業の活性化を図るとともに、認定品を通じて大洲市全体のイメージアップにつなげることを目的とする制度です。

  大洲ええモンセレクション認定マークの画像
<大洲ええモンセレクション認定マーク>

大洲の象徴である大洲城と山並みをシルエットにし、海の幸、里の幸、山の幸、川の幸のさまざまな特産品をカラフルな色で表現しています。

認定されたら?(認定のメリット)

大洲市と認定を受けた事業者が一体となり、様々な機会をとらえて「大洲ええモンセレクション」のPR・販売促進活動を展開いたします。

認定による主なメリット

  • 大洲ええモンセレクション認定マークを商品に使用することができる。
  • 広報誌や市のホームページにより大洲ええモンセレクション商品としてPR、推奨される。
  • 市が主催、共催または参加する物産展等へ優先的に出展することができる。
  • 大洲市や市関係団体の業務で用いる物品に優先して使用される。
  • 市長によるトップセールスを行う。

※過去の事業内容はこちらをご覧ください。

どんなものが認定の対象になるの?

認定の対象となる産品は、大洲市内の事業所で製造または加工される商品及び収穫される農林水産物です。
ただし、飲食店等において提供される料理は対象外とします。
※平成30年度は、加工食品、農産物、特用林産物(食用)、畜産物を対象とします。 

申請するための要件は?

申請にあたっては、次に掲げる要件のいずれにも適合している必要があります。

申請者の要件

(1)製造業、農業、林業、漁業を営む者または法人、その他の団体で、原則として本市の区域内に住所(法人その他の団体にあっては、主たる事業所の所在地)を有していること。
(団体については、定款、寄付行為その他これらに準ずるものを有しているものに限る。)

(2)市が賦課徴収するすべての税に未納がないこと。

申請品の要件

(1)申請時において、食品衛生法、加工食品品質表示基準等関係法令を遵守し、許認可を取得したうえで販売可能な状態にあること。

(2)他人の知的財産権を侵害していないこと。

どのように認定されるの?

認定までの流れは次のとおりです。

(1)書類審査・・・申請者及び申請産品が、申請要件を満たしているかどうかを審査。

 ↓

(2)審査会・・・有識者で構成する審査会において認定基準に適合する優れた産品であるかどうかを審査。

 ↓

(3)認定書の交付・・・審査結果に基づき大洲市が認定を行い、認定書を交付。

なお、審査にあたっては、申請者からの意見聴取や事業所等の現地調査などを行う場合があります。

認定の基準は?

認定の基準は次のとおりです。 

基本理念

素材、製法・技法、品質またはデザインへのこだわりがあり、他産地または類似商品と比較して優位性がある。

認定基準

(1)大洲らしさ

大洲にちなんだ歴史、伝統、文化的背景または物語性がある。

(2)技術性

高い技術、伝統的な技術または先進的な技術を用いている。

(3)独自性

容易に模倣できない製法・技法または他にはない商品特長がある。

(4)信頼性

一定の品質を有する商品として供給されており、安心して購入できる。

(5)商品力

コンセプトや展開方針が明確でストーリー性や話題性があり高い商品力を持っている。

(6)法令

法令を遵守して生産、販売がおこなわれている。

※詳細につきましては、募集対象ごとに認定ガイドラインを作成しておりますのでご覧ください。

募集期間と申請方法は?

今回の募集期間は、平成30年5月1日(火曜日)~5月29日(月曜日)です。
詳しい募集内容、申請方法は、「平成30年度 大洲ええモンセレクション募集要項」をご覧ください。

申請関係様式

記入例

要綱