ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい・道路・交通 > 住宅・建築 > 公益社団法人 全日本不動産協会と協定を締結しました

公益社団法人 全日本不動産協会と協定を締結しました

公益社団法人 全日本不動産協会と協定を締結しました

平成26年6月20日、大洲市土地開発公社清水裕理事長(大洲市長)は、公益社団法人全日本不動産協会愛媛県本部古川實本部長と「分譲宅地等の斡旋に関する協定」を結びました。

協定の内容・目的

この協定により、大洲市土地開発公社が販売を行なっている分譲地を、公益社団法人全日本不動産協会愛媛県本部の会員である不動産業者が取り扱えるようになります。
よって、広く当該分譲地の広報ができるようになり、分譲地の早期完売に期待が持てるものと考えております。

対象となる分譲地

 対象となるのは、東若宮団地(大洲市東若宮)、冨士ニュータウン(大洲市菅田町菅田)、長浜新地団地(大洲市長浜)です。 

分譲地のご紹介