ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

離婚届のお手続きについて

離婚届について

離婚届の手続きは、下記を参考にして、本庁市民生活課または各支所地域振興課へ届け出てください。
なお、勤務時間外または休日、祝日でも本庁または各支所で当直者が受け付けています。

協議離婚の場合

届け出する人

  •  夫と妻

必要なもの

  1. 戸籍謄本(届出する市町村に本籍がないとき)
  2. 届出人の印鑑

注意すること

  1. 離婚後も婚姻中の氏を称する場合は、その旨の届出が必要です。
    (離婚届と同時にまたは離婚の日から3か月以内に)
  2. 届出の際には、運転免許証、旅券、個人番号カード、写真付き住民基本台帳カードなどの写真付きの本人確認書類の提示をお願いします。
  3. 窓口にこられた方が、届出のご本人であると確認できなかった場合には、届出が受理されたことをご本人に通知します。
  4. 自分自身が窓口に来たことが確認できない場合には届出を受理しないよう、あらかじめ申出することができます。
    (申出の方法はこちらからです。)

調停・審判・裁判による離婚の場合

届出の期間

  •  成立・確定後10日以内

届け出する人

  •  調停・審判・裁判離婚の場合、申立人

必要なもの

  1. 戸籍謄本(届出する市町村に本籍がないとき)
  2. 届出人の印鑑
  3. 調停調書の謄本、または審判・判決の謄本と確定証明書

注意すること

  1. 離婚後も婚姻中の氏を称する場合は、その旨の届出が必要です。(離婚届と同時にまたは離婚の日から3か月以内に)
  2. 届出の際には、運転免許証、旅券、個人番号カード、写真付き住民基本台帳カードなどの写真付きの本人確認書類の提示をお願いします。
  3. 窓口にこられた方が、届出のご本人であると確認できなかった場合には、届出が受理されたことをご本人に通知します。

離婚に伴うその他の手続き

※大洲市に住所がある方の主な手続きのご案内です。

印鑑登録について(担当課:本庁市民生活課・各支所地域振興課)

  • 印鑑登録をされている方が、離婚により氏の変更をされた場合、印鑑登録証が使用できなくなる場合があります。詳しくは担当課へお尋ねください。 

住民基本台帳カード、個人番号カード、個人番号通知カードについて(担当課:本庁市民生活課・各支所地域振興課)

  • 離婚により氏変更をされた場合、また市内間で住所変更等された場合は表面記載事項変更の手続きが必要になります。詳しくは担当課へお尋ねください。

健康保険の変更について(担当課:本庁保険年金課・各支所地域振興課)

  1. 配偶者の扶養になっていた場合、離婚によって配偶者の保険から抜けることになります。お勤め先で健康保険を取得されない方やお勤めしていない方は国民健康保険に加入する必要があります。
  2. 国民健康保険に加入する場合、「健康保険資格喪失証明」が必要になりますの、相手方の職場の庶務担当者にご相談ください。(※保険者は健康保険証の表紙に記載しています。)

年金の種別変更について(担当課:本庁保険年金課・各支所地域振興課)

  • 離婚によって、国民年金の第3号被保険者の資格も喪失しますので、第1号被保険者へ種別変更の手続きが必要です。詳しくは担当課へお尋ねください。

ひとり親家庭医療について(担当課:本庁保険年金課・各支所地域振興課)

  1. ひとり親家庭医療費助成は、母親または父親が20歳未満児童を養育・監護しその児童が20歳になるまで、保健医療における医療費の一部負担金について助成する制度です。
  2. この手続きは申請が資格取得日になります。事前に担当課へご相談ください。

児童扶養手当について(担当課:子育て支援課・各支所地域振興課)

  1. 児童扶養手当は、父または母と生計を同じくしていない児童(18歳に達する年度末までの児童。障がい児の場合は20歳未満)を養育しているひとり親家庭などに対して支給される手当です。
  2. 所得制限等がありますので、詳しくは担当課へお尋ねください。

児童手当について(担当課:子育て支援課・各支所地域振興課)

  1. 0歳から中学終了までの子どもを養育する父母等に支給されます。
  2. 離婚によって養育者や養育する子どもの数が変更となる場合、受給者や子どもの住所氏名が変更となる場合は届出が必要です。

その他の手続きについて

  1. 運転免許証の書き換え、カード類、通帳の名義変更等さまざまな手続きが考えられます。事前にそれぞれの機関で手続きの方法、必要な書類等の確認をされることをおすすめします。
  2. 印鑑は、認印でかまいませんが、必ず朱肉を使用するものでお願いします。
  3. 記載以外の手続きが必要となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  4. ご不明な点は、お気軽に各窓口までご相談ください。