ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住基カードを利用した転入・転出

転入届の特例

  あらかじめ、転出する市区町村で郵送または窓口で住基カードを利用した転出届を行うことにより、転出証明書の交付を受けることなく、転入する市区町村で住基カードを利用した転入届を行うことができます。
※ただし、海外へ転出する場合は除きます。
※電子証明書は転出により失効します。

住基カードの継続利用

 市外へ転出した場合、住基カード継続利用の手続きをすることにより、転入する市区町村においても、継続して利用することができます。
※ただし、海外へ転出する場合は除きます。 

注意事項

  • 住基カードを利用した転入届の際には、住基カードと登録している4ケタの暗証番号の入力が必要になります。
  • 転入は住み始めてから14日以内、もしくは転出予定日から30日以内のいずれか早い日までに届出をしてください。それを過ぎると、住基カードは廃止となり、住基カードを利用した転入および住基カードの継続利用はできなくなるのでご注意ください。その際には、紙の転出証明書を請求していただく必要があります。※送料は自己負担です。

※下記PDFファイルよりダウンロードが可能です。