ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新農業者年金

 農業者年金制度は、農業者の老後の生活の安定及び福祉の向上を目的として昭和46年に発足して以来、各種の制度改正をしながら、平成14年1月1日から新しい農業者年金制度としてスタートしています。

新農業者年金の特徴

農業に従事している方は誰でも加入できます。

 国民年金の第1号被保険者で農業に年60日以上従事する60歳未満の者で、みどり年金等他の公的年金に加入していない人は誰でも、配偶者や後継者など家族農業従事者も加入できます。今、女性の加入者が大幅に増えています。

加入者数などに左右されない少子高齢化時代に強い年金制度です。

 自らの保険料とその運用益により年金額が決まる「積立方式」の年金です。保険料は自由に決められ(月額2万~6万7千円)、経営の状況や老後設計に応じていつでも見直せます。

終身年金で、80歳までの保証付きです。

 老齢年金は原則65歳以上から生涯受け取ることができ、仮に亡くなられた場合でも80歳までに受け取れるはずだった老齢年金の現在価値相当額を、死亡一時金として支給します。

支払う保険料及び貰う年金に税の特例があります。

 保険料は全額社会保険料控除の対象となり、支払った保険料の15~30%程度が節税に。受け取る年金は公的年金控除が適用されます。(65歳以上の方は公的年金の120万円までが非課税)。

保険料の国庫補助があります。

 認定農業者で青色申告をしている方やその方と家族協定を結んだ配偶者・後継者などは、保険料の国庫補助金(月額最高1万円)があります。この国庫補助は、農地等の経営継承をすれば原則65歳から特別付加金として受給できます(経営継承の時期に年齢制限なし)。  新農業者年金についての詳しい内容は、農業委員会またはJAへお問い合わせください。