ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育総務課 > 通学路安全対策について

通学路安全対策について

○通学路の安全対策について

  各小中学校で、平成28年度間に安全点検等を実施した箇所について、取りまとめましたので、別添の一覧表の

 とおりお知らせします。

 交通安全については、各学校で指導をしていますが、家庭や地域でも、「自分の身は自分自身で守る」という意識

 付けをすることが何よりも大切です。 新1年生が登下校する時期でもありますので、各学校の通学路の危険箇所の

 確認にお役立てください。

○通学路合同点検

   長浜、沖浦地区の通学路で、平成29年1月24日午後3時、関係機関による合同点検を実施しました。現地は

 県道(長浜中村線)と長浜大橋の沖浦地区側周辺から沖浦公民館までで、愛媛県大洲土木事務所、大洲市教育委員会、

 長浜小学校、長浜中学校、大洲市建設課、危機管理課、長浜支所、大洲警察署の各担当者が参加しました。

 現地を歩いて確認しながら、安全対策の方法について協議を行いました。

  この付近は自動車の交通量が多く、児童生徒の登下校時は危険な状況となります。協議の結果、県道バイパスを整備

 して通学路への車の流入を減らし、自動車と人を分離することで通学路の安全を確保するとともに、バイパスの交通安全

 対策についても、自治会や学校関係者と協議しながら方策を講じていくこととしました。

  今後とも各機関が協力しながら、交通安全に努め、できるものから安全対策を実施していくことを申し合わせました。