ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 高齢福祉課 > 徘徊高齢者位置情報サービス利用費補助事業について

徘徊高齢者位置情報サービス利用費補助事業について

1 目的

 徘徊行動の見られる高齢者の早期保護と安全確保のため、位置情報サービスを利用する者に対し、その初期費用の一部を補助し、介護する者の精神的及び経済的負担の軽減を図り、安心して介護ができる環境を整備します。

2 補助対象者(申請者)

  下記条件のどちらも満たしていることが必要です。

  1. 大洲市に住所を有し、徘徊高齢者を在宅で介護する者。
    ※介護者が徘徊高齢者と同一住所であることが必要です。
  2. 徘徊高齢者及び介護者の世帯構成員に、大洲市の市税、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料の滞納がない者。

3 補助対象経費

 申込手数料、加入料金、サービスの利用に最低限必要な機器の購入費用など、初期費用について補助します。
 オプション機器は、補助対象になりません。

4 補助金額

 15,000円
(補助対象経費がこの金額未満の場合は、その額を限度とします。)

5 補助対象機器等

 補助対象機器については、平成29年8月現在で下記の機種です。
 今後、新たな機器が発売された場合は、対象範囲を広げていく予定です。

事業者名等機器名称等備考(型番等)
auマモリーノ3 
あんしんGPS 
ドコモキッズケータイF‐03J
ドコッチドコッチ01
ソフトバンクみまもりケータイ4601Si
セコムココセコム 

6 その他

  1. 要介護認定・要支援認定等で、高齢者に徘徊行動が見られない場合は、補助の対象とはなりません。
  2. 月々の基本料金及び使用料等は、契約者(申請者)の負担となります。