ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子育て支援課 > おおずファミリー・サポート・センター

おおずファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センターとは?

 おおずファミリー・サポート・センターとは、「育児の援助をしてほしい人(利用会員)」と「育児の援助を行いたい人(サポート会員)」が会員となって子育てを助け合う活動です。 

援助の内容

  • 保育所、幼稚園等の保育開始前や保育終了後の子ども預かり。
  • 保育施設までの送迎。
  • 学校放課後や放課後児童クラブへの送迎とその前後の預かり。
  • 日曜日・祝日など学校が休日の場合の預かり。
  • 保護者が就職活動をする際の子どもの預かり。
  • 保護者が病気、通院の際の子どもの預かり。
  • 冠婚葬祭や他の子どもの学校行事、買い物等で外出する際の子どもの預かり。

   ※その他、どんなことでもご相談ください。

援助の場所

  「サポート会員」の自宅

  ※会員同士の合意がある場合は、大洲市内に限り公園・児童館・利用会員宅などで援助活動することも可能です。

利用時間・利用料金(報酬)

 利用料金(報酬)は、援助活動終了後に会員同士で直接支払います。

活動日利用時間1時間あたりの
利用料金(報酬額)
平   日
(月~金曜日)
午前7時~午後7時600円
上記以外の時間700円
土・日・祝日
年末年始
終      日700円
  • 利用時間は、午前6時から午後9時までの間です。
  • 最初の1時間は、それに満たない時間でも1時間料金となります。
  • 前日の午後5時以降の利用取消しはキャンセル料が発生します。

会員の条件

  • 万が一に備えて、利用児童・サポート会員とも専用の補償保険に加入します。
  • サポートをする会員は、センターの主催する講習会を受講していただきます。
  • 入会金、年会費、保険加入費等はすべて無料です。 

利用会員

  • 大洲市に住んでいる人
  • 生後6ヶ月から小学校6年生までの子どもがいる人

サポート会員

  • 大洲市内に住む20歳以上の人
  • 子どもが好きで、援助活動に理解と熱意のある人

両方会員

  • 「利用会員」と「サポート会員」の両方に登録される人

会員登録の場所

 おおずファミリー・サポート・センター(大洲市役所子育て支援課内)

登録の際にご準備いただく物】

  • 会員(保護者)の写真・・・縦3cm×横2.5cm 1枚
  • 身分証明書・・・運転免許証または健康保険証
  • 印鑑
  • 援助を依頼する子どもの保険証番号、かかりつけ医の電話番号

ファミサポ通信

  • 平成29年度からファミサポ通信(ファミ・サポおおず)を発行しております。
  • おおずファミリー・サポート・センターの活動状況や講習会(学習会)の様子などをお知らせします

平成29年度

問合せ先等

 大洲市役所 子育て支援課内
 「おおずファミリー・サポート・センター」
 電話:0893-57-9996(センター直通)
  ※詳しくは、「おおずファミリー・サポート・センター利用案内」をご覧ください。
おおずファミリー・サポート・センター利用案内 [PDFファイル/410KB]