ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子育て支援課 > 保育所・認定こども園 に入所するには

保育所・認定こども園 に入所するには

保育所・認定こども園 へ入所できる基準

保育所は、お子さんを家庭で十分保育することができない場合に、保護者に代わって保育する施設ですので、入所するには次のいずれかの理由でお子さんを保育することが必要と認められる場合です。

  1. 就労(フルタイムのほか、パートタイム、夜間、居宅内の労働など、基本的にすべての就労)
  2. 妊娠中であるかまたは出産後間がないこと(産前3ヵ月以内及び産後8週を経過する日の翌日が属する月の末日)
  3. 病気、怪我、もしくは精神または身体に障がいがあること。
  4. 長期間病気である、または精神もしくは身体に障がいがある同居の親族を常時介護していること。
  5. 震災、風水害、火災その他の災害の復旧にあたっていること。
  6. お仕事を探している方、これから探される方(3ヵ月以内にお仕事が見つからない場合は退所していただくことになります。)
  7. 就学中であること。
  8. 虐待やDVのおそれがあること。
  9. 育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて、継続利用が必要であること。

                     保育所のイラスト

保育所・認定こども園 入所申込受付

年度初めからの入所(4月または5月から入所希望)

平成30年度については、平成29年12月1日から平成29年12月15日までに、一斉に申込書を受け付けます。入所申込書等を入所希望保育所・認定こども園または市役所子育て支援課へ提出してください。

年度途中の入所(6月から3月に入所希望)

入所を希望される月の前月の15日までに、入所申込書等を入所希望保育所または市役所子育て支援課まで提出してください。

※定員、その他の事情により希望される保育所へ入所できない場合がありますので、ご了承ください。

入所資格認定に必要な書類

会社等に勤務されている方または内職されている方勤務証明書
自営業(農業、漁業等)に従事されている方自営業従事申出書
妊娠・出産の方母子健康手帳のコピー
病気・障がい等診断書または身体障がい者手帳・療育手帳等のコピー等

保育料算定に必要な書類

平成29年1月2日以降に大洲市に転入された方は、平成29年1月1日に住んでいた市町村における平成29年度市区町村民税の課税証明書を添付してください。 

保育料決定について

保育料は、市町村民税額をもとに決定します。
保育料は、児童の年齢、保育標準時間(午前7時30分~午後6時30分)または、保育短時間(午前8時30分~午後4時30分)等により異なります。
保育料の切り替え時期は、毎年9月となります。8月以前は前年度分、9月以降は当年度分の市町村民税額により保育料が決定します。