ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童扶養手当

児童扶養手当は、父母の離婚などにより父または母と生計を同じくしていない児童を養育されているひとり親家庭などの自立を助け、あるいは父または母にかわってその児童を養育している方に対し、児童の健やかな成長を願って支給される手当です。

(1)手当の対象となる児童

  • 父母が離婚した児童
  • 父(または母)が死亡した児童
  • 父(または母)が重度の障がいの状態にある児童
  • 父(または母)の生死が明らかでない児童
  • 父(または母)に1年以上遺棄されている児童
  • 父(または母)が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父(または母)が引き続き1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻によらないで懐胎した児童
  • 父母ともに不明である児童

※これまで、児童扶養手当の支給要件で公的年金等を受給する方は、児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26 年12月から公的年金等を受給できる場合でも、年金額が児童扶養手当を下回る時はその差額分の手当てが支給されることになりました。

(2)支給額(平成29年4月1日現在)

 
申請(認定請求)をした日の属する月の翌月分から、支給事由の消滅した日の属する月分まで支給されます。
ただし、所得制限により手当が全部停止(手当額0円)になる場合があります。

1.月額(所得に応じて決定されます)  

  • 子どもが1人の場合              全部支給:42,290円  一部支給:42,280円~ 9,980円
  • 子ども2人目の加算額             全部支給:  9,990円  一部支給: 9,980円~ 5,000円
  • 子ども3人目以降の加算額(1人につき)  全部支給:  5,990円  一部支給:  5,980円~ 3,000円

(3)申請(認定請求)に必要なもの

  • 戸籍全部事項証明書または戸籍謄本(父または母、児童)
  • 年金手帳
  • 通帳(申請者名義の通帳に限る)
  • 印鑑

※その他にも書類が必要な場合がありますので、事前にご相談ください。

父子家庭のみなさまへ

平成22年8月1日から、父子家庭の方の児童扶養手当申請(認定請求)を受け付けております。
申請がまだの方は、お早めにお手続きください。
なお、詳しくは、事前にご相談ください。