ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 危機管理課 > 交通災害共済制度について

交通災害共済制度について

交通災害共済制度について

交通災害共済とは、交通事故による被害者救済を目的とし、県内11市町が共同で実施している制度です。少しの掛け金で加入することができ、請求手続きも簡単ですので、ご家族揃ってご加入ください。
※見舞金額は、2万円から100万円です。(入通院日数により金額が違います。)

加入申込書の配布

平成29年度に加入した人に対して配布します。
29年度は未加入で、30年度に加入を希望する場合は、加入申込書を送付しますので、お気軽にご連絡ください。

加入資格

平成30年4月1日(基準日)に大洲市に住民登録があり、市内に居住している人および共済加入者の被扶養者で、市外に居住している人。

掛け金(1人年額)

大人700円、子ども(中学生以下)300円

共済期間

平成30年3月31日までに加入した場合は、平成30年4月1日から平成31年3月31日までです。
平成30年4月1日以降に加入した場合は、加入日の翌日から平成31年3月31日までとなります。

加入申込方法

下記の金融機関(郵便局を除く)窓口で、加入申込書に掛け金を添えて、お申込ください。

●(株)伊予銀行大洲支店 大洲本町支店 長浜支店
●愛媛たいき農業協同組合本所及び各支所
●(株)愛媛銀行大洲支店 長浜支店
●(株)愛媛信用金庫大洲支店
●(株)香川銀行大洲支店
●四国労働金庫八幡浜支店

見舞金を請求する場合

請求方法についてご説明しますので、お問い合わせください。
原則、災害の程度が確定(治癒)してからの請求になります。
※見舞金請求時には交通事故証明書が必要になりますので、必ず警察署に届け出てください。

見舞金請求期間

交通事故により災害を受けた日の翌日から2年以内です。
長期治療の方は、忘れず2年以内にご請求ください。