ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保険年金課 > 子ども医療費助成の拡充

子ども医療費助成の拡充

子育て応援!子ども医療費助成を拡充します!

 平成29年10月1日から、第3子以降の小学生及び中学生について、地域で子育てを支援する仕組みづくりとして子育てに係る経済的負担の軽減を図るため、通院医療費を助成します。

医療費助成の拡充内容

対象児童

 大洲市に在住し、健康保険に加入している小学生及び中学生(15歳となった年度末まで)で、対象児童を含む3人以上の子が養育されている世帯における第3子以降の子が対象です。
 子が婚姻している場合や、就職して生計を別にしている場合等、養育されていない場合は人数算定の対象外となります。

資格取得

 助成を受けるには、年度ごとに、事前に資格登録が必要です。登録を受けると、受給者証が交付されます。

助成医療費

 医療機関で保険証を提示して受診された時の自己負担分を助成します。
 ただし、受給者証を医療機関窓口で提示されない場合は、医療機関窓口で一旦、自己負担分を支払う必要があります。この場合は後から大洲市へ請求できます。

申請者

 対象児童を含む3人以上の子を養育している保護者です。

登録期間

 該当する年度の4月1日(平成29年度は10月1日)から翌年3月31日までです。

登録申請から受診までの流れ

登録申請に必要なもの

  • 保険証(給付対象児童分)
  • 助成対象者(市内に在住している保護者)の認印
  • 養育している第3子以降であることが分かるもの(扶養家族になっている保険証※、又は源泉徴収票・確定申告書(写)等)
    ※保険証は数に捉える子ども全員分が必要です。
  • マイナンバー通知カード(保護者・登録児童)

  ◎登録申請は毎年度必要です。

医療機関で受診する

 登録されたら、受給者証が交付されます。医療機関で保険証と受給者証を提示することで自己負担がかからなくなります。ただし、保険適用外の医療費、入院時の食事代等については助成の対象となりません。
 県外で受診された場合や、受給者証の交付前に受診されて自己負担額をお支払いされた場合は、大洲市に医療費請求が行えます。

医療費請求時に必要なもの

  • 領収証(診療点数、自己負担額、入院期間などの記載があるもの)
  • 対象児童の保険証及び受給者証
  • 助成対象者(保護者)の口座情報
  • 助成対象者の認印

  ◎請求は受診した翌月から起算して2年以内に行えます。

パンフレット

 詳しい内容はパンフレットをご覧ください。

子ども医療費助成拡充パンフレット(表) [PDFファイル/123KB]

子ども医療費助成拡充パンフレット(裏) [PDFファイル/152KB]

登録及び医療費請求窓口

 平成29年10月2日(月)以降に下記の窓口にお越しください。

  • 大洲市役所 保険年金課 電話(0893)24-1713
  •   長浜支所 地域振興課 電話(0893)52-1113
  •   肱川支所  地域振興課 電話(0893)34-2311
  •    河辺支所 地域振興課 電話(0893)39-2111