ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 休日・夜間診療 > 大洲喜多休日夜間急患センターについて

大洲喜多休日夜間急患センターについて

大洲喜多休日夜間急患センター

  病院

大洲喜多休日夜間急患センターでは、休日や夜間に急に具合が悪くなった方の診察を行います。
主に急な発熱、感冒症状、軽度の腹痛、嘔吐、下痢、めまいなどの症状を診療します。
なお、打撲、創傷などの外科的処置、入院を必要とするような症状の場合には、二次救急病院で診療してください。
適正な受診をしていただきますようお願いします。

日曜・祝日の小児在宅当番医・二次救急当番病院

診療科目

診療科目は 「内科」 です。
その他の科目については対応できませんのでご了承願います。

*中学生は診察できます。小学生はかかりつけ医にご相談ください。                                                                                                   *夜間にお子さんの急な病気で心配になったときは、小児救急医療電話相談(#8000)をご利用ください。

診察内容

休日や夜間に急に具合が悪くなった方の診察を行います。一般の夜間診療所ではありません。
入院治療が必要とされる方については、二次救急病院で受診してください。
診察の結果、手術や入院の必要がある場合には、二次救急病院等へ紹介いたします。

受診についてのお願い

  • 「昼間または数日前から具合が悪かった」と訴える方がいます。「身体の調子がおかしい」と感じたら、「かかりつけの医師」または「近隣の医療機関」の診察時間内に受診してください。
  • 「仕事の都合で昼間は受診が難しい」、「昼間は混んでいるので受診したくない」、「仕事の後で受診したい」等で、救急医療機関をご利用される方が増加しています。一刻も早い受診を必要とする急病の患者さんの迷惑となりますので、正しい利用をお願いします。
  • 診療を受けた翌日は「かかりつけの医師」または「専門の医療機関」で充分な治療や検査を受けてください。

診療時間

平日・土曜:午後8時00分から午後11時00分まで

日曜・祝日:午前9時00分から午後6時00分まで

お問い合わせ先

大洲喜多休日夜間急患センター
〒795-0064 大洲市東大洲88番地1
Tel:0893-23-1156
Fax:0893-23-1157

大洲喜多休日夜間急患センター