ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保険年金課 > ひとり親家庭医療費助成制度

ひとり親家庭医療費助成制度

 平成27年7月1日から、これまで「母子家庭」に限られていた助成対象者を拡大し、「父子家庭」も対象とすることとなりました。制度の名称も「母子家庭医療費助成」から「ひとり親家庭医療費助成」に変更いたします。

 ひとり親家庭の方が医療機関で診療を受けた場合、保険適用分に対する自己負担額を助成します。

助成対象

 大洲市に住所があり、国民健康保険・社会保険など医療保険に加入し、前年(1月から6月の申請分については前々年) の所得税が課税されていない人が対象となります。

  • ひとり親家庭の母若しくは父と子
  • 祖母若しくは祖父と孫、または姉若しくは兄と弟妹からなる家庭であって、ひとり親家庭に準ずるもの
  • 父母のいない子
    ※「子」とは20歳未満で就職していない人

 平成22年度税制改正において、所得税法等の一部改正する法律が施行され、年少扶養控除等の廃止が行われたため、当分の間、課税されている人でも、一定の要件を満たす場合は課税されていない人とみなされます。 詳細は担当までお問い合わせください。

受給者証交付申請

 以下の必要書類をそろえて、下記窓口にて申請をしてください。

申請に必要なもの 

  • 保険証(該当者全員) 
  • 認印 
  • 戸籍謄本
  • 住民票謄本
  • 乳幼児医療費受給者証(就学前児童の場合)
  • 前年(1月から6月の申請分については前々年)に所得税が課税されていないことを証明できるもの
    ※前記載のとおり、一定の要件を満たす場合は課税されていない人とみなされる場合があります。

申請受付開始日

   平成27年6月15日(月曜日)

  ※7月末までに申請を行った場合は、7月1日にさかのぼって助成期間となります。

  ※8月以降の申請については、申請受付日から助成期間となります。

県内の医療機関にかかる場合

 
 交付されたひとり親家庭医療費受給者証を保険証と一緒に医療機関の窓口へ提示してください。

県外の医療機関にかかる場合

 いったん医療費を支払っていただき、医療機関の発行する領収書を受け取って、後日、下記窓口にて払い戻しの申請をしてください。

【受診日の翌月から2年以内に申請してください】

申請に必要なもの

  • 保険証
  • ひとり親家庭医療費受給者証
  • 認印
  • 領収書
  • 振込先のわかるもの

お問い合わせ先

    本庁 保険年金課 高齢者医療係 Tel0893-24-1713(直通)
          長浜支所 地域振興課  Tel0893-52-1113
          肱川支所 地域振興課 Tel0893-34-2331
          河辺支所 地域振興課 Tel0893-39-2113