ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 「次世代多目的コホート研究」5年後調査のお知らせ

「次世代多目的コホート研究」5年後調査のお知らせ

「次世代多目的コホート研究」5年後調査について

 大洲市では平成26年度から平成28年度にかけて、国立がん研究センター・愛媛大学と共同で次世代多目的コホート研究ペースライン調査を実施しました。
 この調査は国立がん研究センターが中心となり、全国数か所の自治体で実施され、生活習慣とがんや高血圧、糖尿病の病気の関連について研究し、病気の予防に役立てたいと考えており、大洲市の今後の地域の健康づくりに役立つものと期待しています。
 ベースライン調査では、たくさんの市民の皆さんに研究についてご理解いただき、ご協力をいただきました。
 この度、ベースライン調査から5年が経過し生活習慣の変化をみるため、5年後調査を実施します。皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

対象者

 平成26年度に研究に同意いただいた大洲市民

5年後調査の流れ

  1. 対象者の方へお知らせのはがきを送付します。
  2. 対象者の方へ「生活習慣に関するアンケート」を送付します。
  3. 届いたアンケートに記入後、集団特定健診・後期高齢者健診の会場に持ってきていただくか、同封されている返信用封筒を使用してご返送ください。


※集団特定健診会場で血液と尿の提供もお願いしておりますので、ご協力をお願いいたします。