ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 高齢者インフルエンザの接種期間を延長します

高齢者インフルエンザの接種期間を延長します

高齢者インフルエンザの予防接種について

インフルエンザのワクチン供給が遅れ、年内に接種できないおそれが出てきました。
これに伴い、接種期間を延長します。 

延長する期間

平成30年1月31日(水曜日)まで

対象者

1.65歳以上の大洲市民
 昭和28年1月1日までに生まれた人で接種時に65歳以上である人方(65歳の誕生日を迎える前に接種した場合は、公費の負担の対象とはなりません。)※10月上旬に予診票・接種券を送付しています。
2.満60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、若しくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害を有する方で身体障害者1級相当の方

※対象者に変更はありません。

接種料金

自己負担金 1,000円※接種時に、予診票・接種券が必要です。
(生活保護世帯は無料)
ワクチンの在庫については、接種する医療機関にお問い合わせください。