ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > B型肝炎ワクチンが定期予防接種になりました

B型肝炎ワクチンが定期予防接種になりました

B型肝炎ワクチン予防接種について

予防接種法施行令が一部改正され、平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期の予防接種となりました。
それに伴い、対象の方が公費負担でB型肝炎ワクチンを接種できるようになります。

B型肝炎ワクチン定期接種対象者

平成28年4月1日以降に生まれた、1歳に至るまで(出生から1歳の誕生日の前日まで)の者

接種回数

3回接種

1回目
 ↓
2回目(1回目から27日以上の間隔をおいて接種)
 ↓
3回目(1回目から139日以上の間隔をおいて接種)

接種に関する留意事項

1.接種開始時期等について       
 接種を完了するまでに、5か月程かかります。
 1歳までに完了できない場合は、残りの接種が全額自己負担となります。

2.定期接種化前(9月30日以前)に接種を受けた場合について
 任意で1回又は2回の接種が済んでいる時は、残りを定期接種として受けることができます。

3.母子感染予防の対象児について
 抗HBs人免疫グロブリンの投与やB型肝炎ワクチン接種を受けている場合は、接種券が送付されても、対象外となります。