ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 大洲市特定不妊治療費助成事業を拡充します

大洲市特定不妊治療費助成事業を拡充します

大洲市特定不妊治療費の助成について

 大洲市では、少子化対策の一つとして、愛媛県が実施している特定不妊治療治療費助成に加えて治療費の一部を助成しています。
 平成30年度より、特定不妊治療を行った人に対し治療費の助成を拡充します。

対象者

以下のすべてに該当する人が対象となります。
(1) 愛媛県特定不妊治療費助成事業の対象であること
(2) 夫婦共に本市の住民基本台帳に記載されており、大洲市内に1年以上住所を有していること
(3) 市税を滞納していないこと
(4) 夫婦の前年の所得(1月から5月までの申請については、前々年の所得)の合計額が730万円未満であること
(5) 妻の年齢が、治療開始日において満43歳未満であること
(6) 治療が終了した年度内の申請であること

対象となる治療

 県が指定する医療機関において行われた特定不妊治療(体外受精・顕微授精)、並びにこれらの治療の過程で行う男性不妊治療(精子を精巣または精巣上体から採取するための手術)が対象となります。

申請方法

 治療が終了した年度内に(愛媛県の決定通知と同じ年度内とする)に、以下の必要書類を持ってくるのうえ、大洲市保健センターにて申請してください。
・愛媛県特定不妊治療費助成事業受診等証明書もしくはその写し
・特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し(愛媛県発行のもの)
・特定不妊治療を受けた医療機関発行の領収書もしくはその写し
・市税の滞納がないことを証明する書類
・印鑑
・申請者名義の口座
 

助成金額

 治療に要した費用から愛媛県特定不妊治療費助成金を差し引いた残りの金額で、1回の治療につき5万円(助成対象額が5万円を超えないときは、この助成対象額に相当する額)を限度として助成します。
 特定不妊治療のうち男性不妊治療を行った場合は、治療に要した費用から愛媛県特定不妊治療費助成金を差し引いた残りの金額で、1回の治療につき5万円(助成対象金額が5万円を超えないときは、この助成対象額に相当する額)を限度に助成します。

助成の回数

 治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは通算6回まで、40歳以上43歳未満であるときは通算3回まで助成します。

関連リンク