ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

臥龍山荘

臥龍山荘

臥龍山荘は肱川流域随一の景勝地“臥龍淵”に臨む三千坪の山荘で臥龍院・不老庵・知止庵の三建築はそれぞれ数寄をこらした逸品揃い!

神楽山を背に、東南の冨士(とみす)・梁瀬の山々と肱川・如法寺河原の自然をとりいれた借景庭園は、自然と人工の典雅な調和をみせ、四季折々に違った顔を見せてくれます。

庭園内や臥龍山荘から臨む趣深い景色には、まさに忘れかけた“茶の心”や“日本の心”が今なお息づいていると言えます。4月から10月の日曜・祝祭日には1人400円にて呈茶を楽むことができますので、美しい情景を望みながらゆっくり流れる時間を堪能するのもいいかもしれません。

「臥龍山荘」という名の由来、それは大洲藩3代藩主加藤泰恒が「蓬莢山(ほうらいさん)が龍の臥す姿に似ている」ことから”臥龍”と命名したといわれています。
   
臥龍山荘臥龍院の写真です

文禄年間、この地は藤堂高虎の重臣、渡辺勘兵衛が広大な屋敷を構えていたところで、「勘兵衛屋敷」の名で呼ばれていました。その後、この地をこよなく愛した泰恒公は、吉野の桜・龍田の楓を移植し、庭園に一層の風情を加えたため、歴代藩主もここに遊賞しましたが、やがて手を入れられることもなくしだいに荒廃していきました。

現在の臥龍院、不老庵、知止庵の数奇屋造りの三建造物は、明治の貿易商河内寅次郎氏が十年かけて築いたものです。

臥龍山荘は、昭和31年9月に大洲の名勝として大洲市の文化財に指定され、昭和60年2月臥龍院、不老庵が愛媛県の県有形文化財(建造物)に指定されました。 さらに平成28年7月25日には臥龍院、不老庵、文庫の3棟が国の重要文化財に指定されました。

 臥龍山荘 臥龍山荘

 

観覧時間9時~17時
札止め:16時30分
休館日無休
観覧料大人 500円
小人(中学生以下) 200円
 保護者の同伴する5歳以下の幼児は無料です。
 市内に住所を有する65歳以上の方は無料です。
 市内に住所を有し、身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳を所持する方とその付添いの方1名は無料です。
 20名以上の団体の方は2割引です。
呈茶4月~10月(日曜日)※8月を除く
10時~16時/1人 400円
所在地大洲市大洲411-2
問い合わせ先臥龍山荘(受付) 電話:0893-24-3759

位置図