ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大洲市観光情報 > 【ご当地グルメ】アマゴのさつま

【ご当地グルメ】アマゴのさつま

河辺地域で昔から食されている“ご当地飯”

アマゴのさつま

山深い河辺地区の清流で育ったアマゴの身を香ばしく焼き上げ、大洲特産の麦味噌で作ったさつま汁と一緒に温かいご飯にかけて食べます。さっぱり美味しく、川魚臭さもないのでサラサラと食べられ、お酒のあとのシメ飯にもピッタリです。それぞれの提供店で味や提供スタイルが違うので、自分に合う味やスタイルを見つけ出してください。

提供店のご案内

提供店名価格住所電話営業時間
河辺ふるさとの宿550円愛媛県大洲市河辺町三嶋134番地0893-39-221111時~17時
あまごの里400円愛媛県大洲市河辺町北平4293番地0893-39-291510時~17時
いわな荘400円愛媛県大洲市河辺町北平2455番地0893-39-225411時~19時
もつ鍋居酒屋 熱炎562円愛媛県大洲市東大洲414番地0893-24-177117時~24時
第八さつき丸 大洲本店1,599円愛媛県大洲市東大洲1703番地
オズメッセ21内
0893-59-456711時~14時
17時~23時
葵(Aoi)580円愛媛県大洲市若宮663番地10893-23-012318時~24時
大洲炉端 油屋1,200円愛媛県大洲市大洲42番地0893-23-986011時~14時
17時~22時
ウエストリバーにし川600円愛媛県大洲市田口甲392番地60893-24-404611時~14時
17時~21時
鹿野川荘600円愛媛県大洲市肱川町宇和川588番地10893-34-200011時~21時

「アマゴのさつま」って?

【アマゴとは?】

渓流の女王と呼ばれる川魚で、臭みがなく淡泊で食べやすいのが特長です。昔から南予地方では「アマゴの塩焼き」や「アマゴの雑炊」など、川魚料理が親しまれていました。

【栄養価について】

発酵食品である味噌の必須アミノ酸が肝機能を高め、アマゴやきゅうりに含まれるカリウムには、むくみ防止効果があるとされており、飲んだ後のシメに合う一品なんです。

O級くん