ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大洲市観光情報 > おうど芋(大洲芋)

おうど芋(大洲芋)

愛媛たいき農業協同組合 営農部

会社名愛媛たいき農業協同組合 営農部
住所〒795-8506 大洲市東大洲198 番地
電話番号0893-24-4181
ファックス0893-23-5627
メールeinou@ja-ehimetaiki.or.jp
ホームページhttp://www.ja-ehimetaiki.or.jp/

~脈々と受け継がれる大洲の伝統野菜~

おうど芋1おうど芋2おうど芋3

大洲地域の伝統野菜「おうど芋」は肱川流域の肥沃な土壌で地域の農家により自家採取・自家栽培が繰り返されてきたサトイモの一種です。                                                                                親芋を食べる品種で、サトイモのようなぬめりはなくホクホクとした食感が特徴で、料理や菓子製造の原材料などに用いられています。                                                                                     愛媛県立大洲農業高等学校が、この伝統野菜を食の財産として普及させるべく、平成21年から研究に取り組んでいます。JA愛媛たいきや大洲市などがバックアップし育苗から生産、商品開発(6次化)を展開中です。

ここがこだわり!

  • 肱川流域の肥沃な土壌で栽培!
  • 知る人ぞ知る大洲の伝統野菜!
  • 高校生と産地化、6次化を展開中!
参考小売価格(税抜)

500円/ kg(※時期により変動あり)

供給可能期間1月~3月
賞味・消費期限
主な取扱小売店たいき産直市「愛たい菜」、大和屋本店(松山市:加工食品のみ販売)