ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ポコペン横丁

昭和30年代のレトロ空間登場♪

「ぽこぺん、ぽこぺん、だぁれが突っついたか♪」昔、誰もが遊んだ缶けりやかくれんぼ。あの懐かしさが漂う横丁を再現しています。

そこは、まぼろし商店街1丁目。ホーロー看板や軒を連ねるお店、個性的な店主により昭和30年代のレトロ空間が演出されています。

地元商店による大洲市ならではのおいしい中華そば、コロッケ、焼き鳥などの飲食店や骨董品、おもちゃ、雑貨などが販売される物販店、竹馬やシャボン玉、ベイゴマなどで遊べる昔遊びの体験コーナーなど、楽しいことがいっぱいです!時には、ステージライブもありますのでお楽しみに!!

昭和の懐かしい看板やグッズにお父さん・お母さんも楽しめる空間です。

 
ポコペン横丁
場所大洲市大洲本町3丁目
開催日4月~11月末まで 毎週日曜日
12月~3月末まで 毎月第3日曜日
時間10時00分 ~ 15時30分
料金無料
問合せ先大洲市観光協会 TEL0893-24-2664

 

ポコペン横丁のお店の写真ですポコペン横丁のお店の写真です

思ひ出倉庫

大洲レトロタウン「ポコペン横丁」の奥には、旧沖本倉庫と呼ばれた漆喰の蔵があります。

そこは、おおずまぼろし商店街2丁目。おくすり臥龍堂、まぼろし商店街2丁目交番、床屋、雑貨屋などが並ぶ横丁です。雑貨屋の奥には昭和30年代のお茶の間があり、実際に上がることも出来ます。

また、お父さん方には憧れだった「VAN」のコレクションも多数展示されています。

その他、ホーロー看板、昔ながらの車やおもちゃなど多数展示してあるタイムスリップ空間。年末以外は毎日開館し、時を越えた超レトロ空間が、皆さまのお越しをお待ちしております。

 
思ひ出倉庫
場所大洲市大洲103番地 ポコペン横丁奥
開館9時30分 ~ 16時30分(入館は16時00分まで)
年末休館(12月29日~12月31日)
入場料大人:200円
子供:100円
問い合わせ先大洲市観光協会 TEL0893-24-2664

 

思ひ出倉庫内の昔の薬屋さんを再現した写真です昭和30年代を再現した思ひ出倉庫の写真です

位置図